2003.8.27号
Vol. 2 モス&マック、プレミアムバーガーの勝敗は?

先日BS朝日さんに、モスバーガーの高級バーガー「匠味(たくみ)バーガー」
の取材を受けました。21日のNewsmakerでオンエアされました。

篠原ともえさんとオクイユージさんの司会で、スタジオに匠味バーガーを持ち
込んで食べながらの収録です。篠原さんはえらく気に入って、一所懸命にパク
ついていました。

今回はマックのマクドナルドダイニングの「クラシックテイスティ」、モスの
「匠味バーガー」の両方に取材を申し込んだそうですが、マクドナルド側は東
京に限定した店舗なので、「全国版のテレビで紹介されるとクレームがくる」
とずいぶん消極的で、今回は取り上げなかったそうです。

でもモスも100店ちょっとで、日に10個の限定ですから、マクドナルドダイニ
ング4店舗の販売個数とそんなに変わらないはず。マックのパブリシティにな
らない戦略はちょっともったいないですね。この消極さとHPにも商品紹介が
ないのは、どういう意味でしょうか?社内の混乱を窺わせますね。

さて、事前にモスとマクドナルドダイニングで、グルメハンバーガーの食べ比
べをしました。最初はモスバーガー。

「ニッポンのバーガー匠味」は8月13日からの発売です。
http://www.mos.co.jp/spotlight/030807/takumi.html

匠味    580円
匠味チーズ 640円

肉は120g。オーストラリアの牧草飼育の腕の部分限定。その他、ソースへの
こだわりなど気合いが入っています。ただし、一日10食限定。しかも注文する
と「10数分待ってください」とのコメント。

売り切れない早朝にブレックファーストとして食べに行きました。カウンター
の上を見たら、すでに本日は売り切れとのコメントが貼ってあります。「エー
もうないの?」と焦って聞いたら、昨日のままでした。

さて、注文後出来上がるまでに13分12秒かかりました。モスは普通の鉄板で
120gの肉を焼くのですから、時間がかかるわけです。肉を柔らかく早く焼き
上げるために、カバーで蓋をして焼きます。

しかし、時間をかけて待っただけの甲斐があります。肉は柔らかくジューシー
で、野菜もたっぷり、しょうゆ味のソースがおいしいですね。オニオンはソテ
ーオニオンを使っていますが、私個人的には生オニオンを輪切りで入れてほし
いです。

その他、セットなどを頼んだら、何と1000円弱。ファミレスより高いごちそう
ハンバーガーの分野です。でも、なかなか美味しいので、肉が好きな方は朝早
く起きて食べに行きましょう。

食べている間に次の若い男性が来店し、匠味を4つ頼んだら、何と「20〜30分
お待ち下さい」と言われていました。たぶん、肉を焼くカバーが2個分しかな
いので、13分×2回で30分となったのでしょう。オペレーション的には大変で
すね。

もう一つ、「製造責任者の氏名を記したカードも付ける」とHPには記載して
ありましたが、もらえませんでした。請求しないといけないのでしょうか?

モスへの業界からのコメントと報道
 http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/logi/258647
 http://webnews.asahi.co.jp/you/special/2003/t20030812.html

モスの伝言板
 http://www2n.biglobe.ne.jp/~gaku/cgi-bin/note/tnote.cgi?book=guest

さて、次はマクドナルドダイニングです。東京で4店舗をテストしています。
行ってみると、おしゃれで格好の良い店のはず。大阪で人気のレストランバー
「/SCRUB(ノースクラブ)」などを手がけているインフィクスの間宮吉彦氏の
設計です。

さて、お目当てはクラシックテイスティ単品350円、飲み物、フレンチフライ
などのセットで700円と結構なお値段です。こちらも色々頼んだら1000円弱と
なりました。

モスとの大きな違いは、注文をして会計をする間にも、クラシックが出てきた
ことです。「エ?この大型ハンバーガーもメイド・フォー・ユーなの?」(つ
まり、一度焼き上げて保温してある仕組みのこと)

見た目にはモスの匠味よりも大きいのですが、大違いなのはミートパテのジュ
ーシーさがないということです。パサパサの食感です。

その大きな原因は、クラムシェルグリル(上下の鉄板ではさんで高速で焼き上
げる)で焼くと、肉汁が出てしまうのです。そして、それをさらに保温して、
提供するので、その間にも肉汁が出きってしまうので、どうも大型のミートパ
テには向いていないシステムのようですね。

このメイド・フォー・ユーのシステムは、お客様が注文している間にバンズを
焼き上げ、保温してあったミートパテを挟んで、熱々の状態で提供しようと言
うものです。原理的には大変良いのですが、その結果、ピーク時には今までよ
り待たせるという弊害もでており、お客様からは「待ちたくないからマックに
来ているのに」と言うクレームが続出のようですね。それが60秒ギャランティ
サービスを行うに至った理由でしょう。

と言うことで、味的には今回の食べ比べ、モスの圧勝でした。でもこの味の恩
恵を受けられる人は早起きが可能で辛抱強く待てる方だけですよ。

ちなみにマクドナルドダイニングの店舗は、渋谷東映プラザ店、赤坂見附店、
池袋北口店、目白店。

○プレミアムバーガー関連HP
 冷静な消費者の評価は
 http://writer.gozans.com/writer/1176/2.html
 写真が豊富な好意的な意見
 http://www.girlholic.com/yume/archives/001583.html
 HPに掲載していないのを非難していますね。同意見ですよ
 http://knoa.jp/memo/?id=2003-08-04+00:51
 一般の消費者も結構シビアーな意見を述べていますね。
 http://www02.so-net.ne.jp/~uru/essay/029-030623.html
 商品の写真入りのコメント
 http://melody920.hp.infoseek.co.jp/mcdining.htm
 ルポ
 http://www.q-b.co.jp/btlab/v_portal/0300714businessnotatsujin.html

今回マスコミが取り上げた回数でも圧倒的にモスが多かったですね。これは各
店10食と絞りながらも、全国120店舗で販売をするという全国展開戦略のため
でしょう。広報戦略でもモスの圧勝となるでしょうね。
なお、この原稿を書いていたら、モスからニュースリリースが入ってきました。
「販売店舗を、現在の117店舗から278店舗へ拡大」するとのこと。
一方マクドナルドは「マクドナルドダイニング」を事実上凍結し、通常メニューに戻すようです。