2004.01.21号
Vol. 7 半年前の卵5万個出荷の背景について

※京都府の養鶏場による「生半年前の卵約5万個出荷」というNEWSが巷を騒が
 せています。それについて鶏卵関係者の方から、興味深いレポートをいただ
 きました。

この冷蔵卵をパック卵として出荷した背景には何が考えられるのでしょうか。
一般の報道によると、従業員が勝手に出荷してしまったような表現をしていま
すが、厳密に考えると、下記のような点で代表者は必ず知っていたはずです。

1.1日の生産量(鶏が生む卵の量)より出荷量が多い。
2.半年も外部の冷蔵庫に入れておけば、保管料等の経費が発生している。
3.1ヶ月の生産量と販売量が合わない。

また昨年12月の鶏卵相場は高騰しませんでしたが、例年であれば6月の鶏卵相
場と12月の鶏卵相場は100円/kg程度差が発生しますので、その分利益と言う
ことになりますね。6月に家庭用のテーブルエッグとして出荷出来ず、加工用
として出荷するよりも、相場の高いときにテーブルエッグとして出荷したいと
いう判断が従業員の段階ではなく、判断されていると思われます。

では日本では何故このような常識として(あえて常識という表現を使います)
おかしいことが、企業の論理ではいいことになってしまうのでしょうか。企業
の目的の一つに利益があります。いつの間にか企業は利益が上がれば何をして
もいいと言う論理が出てきます。

スーパーの買い物にいく消費者の行動パターンを考えてみましょう。通常まと
め買いするときは、土・日・祭日が一般的だと思います。そうすると、スーパ
ーの仕入れ量も週末は普段の3倍くらいになります。では、卵の日付について
はどうでしょうか?スーパーによって違いますが、産卵日は販売当日の物しか
販売しません。もしくは産卵日から2日以内の物しか販売しませんと店頭に表
示してあるスーパーさんがあります。

しかし現実には、産卵日当日の物を正直に並べることは不可能です。たとえば
毎日1,000パック売れるとすると、平日は1,000パックで週末は3,000パック、
週の合計は11,000パックになります。1パック10個入りとすると110,000個の
卵が必要ですね。でもピークに併せて毎日産卵すると、210,000個の卵が必要
になります。ではこの差の100,000個の卵はどこに行ってしまうのでしょうか?
約半分の卵の行き先が無くなってしまいます。通常関係者の方にこのことを質
問すると、「加工用すなわちゆで卵用に回ります」と答えますが、ここからが
偽装のポイントになります。

通常加工用と生卵販売用の卵の価格差は100円/kgくらい有りますので、卵一
個50gとしますと、上の例では約50万円の価格差になってしまいます。そこで
1日や2日くらいなら産卵日をずらして、スーパーの販売のピークに合わせよう
と考えてしまうのです。

さて皆さんに質問です。
半年前の卵を混ぜた→これはひどい業者だ。
では1日、2日、1週間ではどうですか?

アメリカの場合を考えてみましょう。アメリカでは鶏卵の洗卵パック工場に日
本の食肉処理場と同じに政府の任命した検査官が立ち会います。その検査官の
仕事は卵の鮮度、殻の状態、殻のヒビについてランク付けして、パックに付け
ます。その時に賞味期限を打って、1日に生まれた卵は全てパックして処理し
てしまいます。スーパーさんの注文に関係なく、全て製造してしまい、パック
した物から注文に応じて配送するという形をとっています。

業務用生卵の規格は以下ですが、
http://homepage3.nifty.com/ja8mrx/tamagokikaku3.htm
まだまだ日本では卵について、レタスや大根と同じように農業生産物の感覚が
抜けないようです。その農産物の感覚と、豆腐・プリン・ヨーグルトのような
加工食品の感覚で、消費者の要望する量がいつでも供給できる生産物という感
覚の両方が混じってしまって、そこに日本人特有の考え方、「ばれなきゃいい
や、判らなきゃいいや」という神に背信的な考えで、日付を打ってしまう。そ
うしなければ利益が出ないよという企業の論理が重なって、今回の京都の事件
が起きたと思えるのです

みなさん毎日家族の数と同じ鶏を飼っていたと思ってください。毎日生まれた
卵を食べ、生まない日は食べないで、1羽が2つ生んだ日は、2つ食べる。余
ってしまった場合、その卵を冷蔵庫に保管して、いつかお客さまが来るときの
ためにとっておこうなんて考えませんね。今回ワイドショーやニュースで騒い
でいますが、毎日必ず生まれてくる卵は毎日買わなくてはいけない、毎日消費
しなければならない。と考え直すことが生産者も消費者も必要なのではと考え
ます。

みなさんのご意見お待ちしています。

○河岸 宏和氏
○HP(メルマガもあり):http://homepage3.nifty.com/ja8mrx/koujyou1.htm