weekly Food104 Magazine 2017年7月12日号


● 東京OFF会+旬の味を食らう会
● 莫莫居鶯のお知らせ
● 世界・日本各地の食情報
● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック

              △▼△▼△▼△▼△▼△

**************************************************************
              △▼△▼△▼△▼△▼△

●東京off会+平成29年第7回旬の味を喰らう会のご案内です。

 梅雨らしい雨が降らないまま、猛暑に突入した関東。月末という忙しい
時期ですが、夏は体力をつける鰻です。佃さんに美味しい鰻を調達してい
ただきました。

 現在までのお申し込みは以下の13名です。
 今回も定員30名限定となります。申込みが多いと思われますので、お早
めにお申し込みください。なお、今回は、会費6000円となりますので、御
了承下さい。

佃さん@元味の素
斉田育秀さん@元キユーピー
紺野眞一さん@ジブラルタ生命 4名
矢部さんご家族@コンビニライター 2名+お子様1名
田口さん@井上さん御友人
濱野さん@井上さん御友人
井上さつき さん@有限会社フーズシステムクリエイター
佃さん@有限会社フーズシステムクリエイター

以下は佃さんのご案内です。

 先日の東京都議選では「小池旋風」という風が吹きました。都政が変わ
るといいですね。また、九州では線状降雨帯が長期にかかり、これまでに
経験していなかったような、いわゆるバケツをひっくり返したような雨が
降り、大きな被害が出しています。

 最近では、「これまで経験していなかったような…」という表現がよく
出てくるようになりました。地球規模で、大きな変化が出てきているので
しょうか。地震や雨、風など、今まで以上に注意しなければならない時代
になったようです。

 ところで、先日TVで引田天功さんが、今のアメリカでは誰を想定して
マジックショーをやっているかという話をされていました。彼女いわく、
今のマジシャンは、例えば「火星人」を想定してマジックをしているのだ
そうです。顧客に地球外生命体を想定したマジックがアメリカで流行って
いるそうです。しかし、観客の中に本当に火星人がいるのかもしれませ
ん。火星人も鰻を食べると、好きになるんじゃないでしょうか?鰻を好き
なのは地球人だけではないのかもしれませんね。

 さて、旬の味を喰らう会、夏の定番となりましたが、火星人も好きな?
鰻を喰らう事にしました。もちん、鰻は、鹿児島県は霧島の山中で、時に
は妙高温泉につかりながら育てられた無投薬のものです。知る人ぞ知る温
泉鰻です。
http://yamadasuisan.com/kirishimayusuiunagi/

 鰻の他には、同じ場所で育てられた霧島サーモンもお願いすることとし
ました。
http://www.synapse.ne.jp/t-suisan/%E5%95%86%E5%93%81%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7.html
https://www.kirishima.co.jp/kyushu/umaimono/jidore/038/index.html
http://www.daiwahouse.co.jp/shinrin/blog/blog_detail.asp?bukken_id=myokendai&blog_id=169

1. 開催日時
     平成29年7月31日(月)午後7時〜

2. 場  所
     莫莫居鶯(ばくばくきょ うぐいす)
      〒171-0021 豊島区西池袋1-18-1五光ビル地下1階
      TEL:03-3987-0085
      http://www.bakubakukyo.com/
      店舗責任者 侯(こう)

3. 会  費
       6,000円

4. 出席については、"王利彰" Toshiaki Oh [oh@sayko.co.jp]宛て連
絡し   ていただきますようお願いします。


 この東京off会+旬の味を喰らう会は何方も気軽にご参加できます。ま
た、事前に食べたいお魚や食材もリクエストが可能です。お酒も獺祭がこ
こまで有名になる前に獺祭社長(当時)の桜井さんにお持ちいただきまし
た。食材でいえば、全国の銘柄豚の食べ比べや、赤身肉の格之進、熟成肉
のサノマンなども有名になる前にたらふく食べています。皆さんも食べた
い食材をリクエストして参加しませんか?普段はROMの方もふるってご参
加くださいね。

それでは、今回も皆様のご参加をお待ちしています。

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 莫莫居鶯のお知らせ

 皆さん今晩は!

 最近の暑さは凄いですね。毎日30℃を超える日が続いていますが、九
州の方では大雨で甚大な被害が出ていますし強い地震も起きましたし、こ
こ最近の九州地方のニュース には毎日心を痛めます。
 
お薦め料理

●カツオのハラミ焼き
 この商品は鰹のタタキを作る際に残った腹の部分です。脂ものっていて
臭みもなく身が解れるような食感で固くなく、身の部分よりもサッパリと
頂ける1品ではないでしょうか?是非味わってみて頂きたい商品です
 
●鱧の天婦羅
 良質の鱧の天婦羅です。今が1番美味しい時期なのではと思い、お勧め
メニューとしてお出ししております。シンプルに塩とレモンでのご提供さ
せて頂き、その味をゆっくりと味わって頂きたく思います。
 
 今週、弊店がお薦めしたい日本酒は刈穂ー山廃無濾過純米生原酒 番外
品です。

 刈穂は辛口のお酒が有名な秋田の地酒・秋田清酒さんからの名物です。
毎年人気の超辛口番外品、今年も例年通り日本酒度+21!!

 日本酒度が高いと辛口の目安になりますが、この番外品はその年の出来
具合で+19、+20、+21と微妙に違います。厳しい寒さで日本酒度が上が
らず+16なんて年もありましたが、今年も日本酒度+21まで上げてきまし
た。毎年番外品を楽しみにしている超辛口好きには、きっちり超辛口の日
本酒度に仕上がりました。アルコール度も19%と日本酒好きにはうれしい
酔い心地です。

 超辛口番外品、しかも山廃仕込の日本酒というと、ちょっと敬遠してし
まう方も多いと思いますが、意外にもこの日本酒は飲み手をあまり選ばず
人気があります。ですから非常に人気が高い日本酒です。

 重厚なうまみとハードな切れを持った超辛口の味わいをお楽しみくださ
い。今流行りの華やかな日本酒ではありませんが、じっくりお飲みいただ
きたいです。

 飲み口は山廃のお酒としてはスッキリしていますので、山廃を敬遠され
ている方でも抵抗なくおいしく飲めるはずです。どうぞお試しください。
通年商品ではありませんので、是非お早めにご来店お飲みください。

●莫莫居 鶯の昼飲みのご案内
 莫莫居 鶯では只今昼飲みを推進しています!
キリンのハートランド生ビールは勿論、おつまみなどもご注文頂けます。
平日はランチ等で込み合っていますが、特に土日はゆっくりお酒を楽しめ
る空間になっていると思います。ご利用に際してはなんなりと従業員にお
声をおかけください。

 美味しい丹精込めた手造り作りの料理でお待ちしております。

  料理長 川島

ほっこり和食 莫莫居 鶯 (ばくばくきょ うぐいす)
       東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビルB1 
電話  :03-3987-0085
メール :info@bakubakukyo.com 
HP   :http://www.bakubakukyo.com/ 
facebook:https://www.facebook.com/bakubakukyouguisu?fref=ts
担当  :侯(こう)
営業時間:ランチ  月〜日   11:30〜15:00
     ディナー 月〜日・祝 17:30〜24:00

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 世界・日本各地の食情報

1)食の宝庫九州より上田さんです。

 【六兵衛】

 私の父は産れが長崎県島原半島です。亡くなった母は熊本県天草と有明
海を挟んで育った二人が暮らしたのが熊本市で、僕は熊本で産れ育ちまし
た。子供の頃からの食事は基本的に母が覚え伝えて来た天草の料理になの
です。長崎島原のものといえば素麺くらいではないかな。

 先日、ジャカランダという南米由来の花木を観に島原半島の小浜温泉に
出かけていった際に、島原の食として「六兵衛」があるというのを知りま
した。以前、このコラムで紹介した「具雑煮」は島原城下に名店があり
知っていたのですが、サツマイモを原料にした麺というのは初見です。

 六兵衛茶屋千々石店に入りました。古民家を改造した店で少し待つと出
て来ました。透明な汁に真っ黒の麺、小ネギが浮かんだ不思議な風情。軟
らかい麺を噛むと甘い甘藷の味が口いっぱいに広がります。鼻に抜ける感
じは、まさに「干し芋」。つなぎに山芋を使っている様ですが、しっとり
とした麺の形にするのは難しいだろうなと思います。どうやら巨大な大根
おろしの様な器具で押し出して作る様です。六ちゃんというつなぎを小麦
に変えた麺もある様です。
素朴で美味しい郷土料理を見つけてしまった。そんな感じです。

六兵衛茶屋
https://tabelog.com/nagasaki/A4203/A420301/42006005/

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10209398856866720&set=pcb.10209398858026749&type=3&theater

その他の情報HP
http://www.e-kamo.co.jp/contents/articles/reimen.html
http://www.saitamaya.net/carlos/simabara/6.htm
http://www.saitamaya.net/carlos/simabara/6o.htm

【プロフィール】

上田和久

kazz@studiowork.jp

スタジオワーク合同会社 代表

1959年熊本県生まれ、京都、福岡で暮らし、都城の単身生活を終え福岡に
戻っています。

国際HACCP同盟認定リードインストラクター、JHTC認定リードインストラ
クター

上田和久 facebookは
https://www.facebook.com/kazz.ueda

経歴と仕事分野
 厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、
食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年コンサルタントと
して独立。

 主に、HACCPの認証取得が目的ではない、あるいは安全安心な食品を提
供することを目的にした企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り
組みを支援している。

 具体的には、食品工場に対し、これまでの計画施工から現場運営まで経
験を生かした新築・増改築についての助言を行う他、製造現場に対して、
クレーム対応、異物混入の原因の究明と対策、再発防止の仕組み作りの提
案を行っている。

 食品工場の抱える問題やこれからますます厳しくなる要求への対応、そ
れらを一緒に解決していくことを使命とし、精力的に活動している。


2)全国に55,000店を超える店舗展開を誇るコンビニエンスストア
その日々進化する商品を日々ウォッチする筆者の、専門家ならでは
の視点と、コンビニ食を活用したレコーディングダイエット記。

『vol.42 これは旨い!コンビニPBオススメ酒のつまみ』

 前回はミニストップがちょい呑みにチャレンジしている新業態
のcisca(シスカ)を取り上げました。まだ7店舗しかないので、
なかなか見つけるのは大変かもしれませんが、読者の中で行かれた
方がいらっしゃれば、感想などお聞かせ願えると幸いです。

 さて、今回のテーマもお酒のつまみです。外から家呑みへシフト
する人が増えている最大の要因は、やはり気軽に安く呑める点に
つきるのではないでしょうか。各社のビール系飲料も350ml缶が
100円以下で買え、品質も年々向上し、バリエーションも豊富。
大手流通はPB化によって低価格化と高荒利化を実現しています。
まずまずの味のフルボトルワインも300円前後で手に入る時代
です。センベロ(千円でベロベロに酔える激安の店)もブーム
継続中ですが、やはり家呑みに勝る節約術はないでしょう。

 筆者は周囲からはあちこちで外食しているように思われがちですが、
家で家族とのんびり呑むことがほとんどです。コンビニにとって
ありがたい潮流ですが、さらに吹いた追い風が2017年6月から
酒の激安販売の規制が始まり、酒ディスカウントやスーパーとの
価格差が縮まりそうな点です。商品開発力の優れたコンビニは当然
何もしないわけがありません。酒売り場のそばの棚に展開する
つまみも各チェーン強化。今回は筆者が独断と偏見でセレクト
した、旨い!コンビニPBオススメ酒のつまみをランキング形式
でお届けします。

※価格は税込。メーカーや栄養成分は2017年6月時点の
 首都圏地域のもの。

<5位 コリコリ中華くらげと蒸し鶏サラダ>
ファミリーマート 198円 テルマンフーズ
59kcal 食塩相当量 1.1g
https://yahoo.jp/box/x84rXc
 vol.9で色々問題点を指摘した含気パック惣菜のひとつです。
昨秋スタンドパウチ惣菜に決別後、含気パックへ切り替えた
ファミマですが、筆者の予想よりはふんばっていますが、
惣菜コーナーの棚スカスカの店舗は相変わらず散見され、
いずれは消えるのではと予想しています。賞味期限短い分、
フレッシュ感や添加物削減のメリットがある含気パックですが
恐らく鶏むね肉をソフトにする保水の為にリン酸塩を使用して
いるのがマイナス要因。くらげが大好きなのと、ファミマが
一品もランクインしないのは気の毒なので入れてみました。

<4位 パクチーアーモンド>
ローソン 225円 川越屋
230kcal 食塩相当量 0.2g
https://yahoo.jp/box/97OFqU
ナチュラルローソン発の商品が青看板ローソンに波及した例です。
外食アワードを取るぐらいのパクチーブーム。アーモンド表面に
まんべんなくまぶされたパクチーパウダーはファンにはたまり
ません。陳列場所からすると、おやつの位置づけですが、筆者は
酒のつまみとして見逃しませんでした。サラダに入れるのも良い
かもしれません。

<3位 石垣の焼き塩で味付けたぎんなん>
セブンイレブン 181円 ブイエフアンドティ
162kcal 食塩相当量 0.3g
https://yahoo.jp/box/BWfuLg
絶妙な塩味と、カリっとした食感と苦味がたまりません。
姉妹品の「つまみにんにく」も風味は強烈ですがとても美味。
共に酒のつまみとしてだけでなく、スープ、煮込みメニューなど
に向く食材としてもポテンシャルを秘める秀逸商品です。これは
想像ですが、カンブリア宮殿でも放映され、ブームに火がついた
こだわりおつまみのラインナップが凄いメーカー「神戸伍魚福」の
同様の商品にインスパイアされ、セブンプレミアムも追随したの
かもしれません。

<2位 カニ風味広がる したらば?>
セブンイレブン 108円 紀文食品
74kcal 食塩相当量 1.3g
https://yahoo.jp/box/30BQrh
まるで蟹肉の様な、かにかまぼこが日本のみならず、欧州を中心
とした海外でもブームになって久しいですが、ボリュームたっぷり
のこの商品が、100円ちょっとでコンビニで気軽に買えるのは
素晴らしいことです。筆者もかにかま工場を視察した事があり
ますが、魚肉すり身を細かく糸状にして編みこんで、丁寧に
細かいひだまで付ける技術は世界に誇れます。姉妹品の
明太マヨ味もかなり美味しいです。

<1位 桜チップでスモークした 燻製チーズ>
セブンイレブン 192円 扇屋食品
https://yahoo.jp/box/6KYmhN
ビールにも合いますが、これはワインとベストマッチの逸品。
筆者は家で様々な食材をスモークするのが趣味ですが、燻した
チーズだとついついワインが進みます。トースターで焼くと外は
パリっと中はトロっとなり、一粒で二度美味しいアレンジも可能
です。3位、1位のメーカーは地方の中小メーカーですが、
恐らく食品卸が掘り起こした可能性が高いです。MDやバイヤー
も展示会や出張で全国津々浦々の旨いものを探索していますが、
やはり食品卸の全国ネットワークは侮れません。

<番外編 香り良いチップで燻したスモークたらこ>
ローソン 238円 日本水産
40kcal 食塩相当量 1.4g
https://yahoo.jp/box/8CDHQU
これも筆者の好みのスモークつまみです。量に対して価格が高め
なのと、5位にファミマ商品をねじこんでしまったので、番外編
としました。これは日本酒にぴったり。さほど品揃え率が高く
ない商品なので、見つからない場合、簡単に自宅でも失敗なく
スモークできる食材なので、興味がある方は試してみて下さい。

 家呑みの時だけでなくても、出張や旅行の際の電車、飛行機内
で呑むのが好きな方には、コンビニおつまみはオススメです。
筆者も前職で大阪単身赴任時には、往復の新幹線内で上記商品
にはかなりお世話になりました。特にJR西日本管内では駅売店
がどんどんセブンに転換していますので、ゆっくり酒やつまみを
買う時間が無い時でも、出張族には強い味方です。

 最後に紙面の都合上ランクインしなかった商品があります。
最近急激に広まっている各社のテトラパックの枝豆です。100kcal
前後の低カロリーなのに、粒も大きく予想を上回る美味しさです。
あまりにド定番のつまみですが、未体験の方は騙されたと思って
一度食べてみて下さい。

ただみなさん、くれぐれも飲み過ぎには注意して下さいね。

7月10日時点筆者体重 68.6kg、前回比-0.2kg
窓を閉め切ってプレーするバドミントン。室内は40℃を
超えることも。大量の汗で減った体重は水分を摂ればすぐに
戻りますが、代謝は確実によくなる季節です。

【筆者プロフィール】

矢部 忠継

 昭和47年(1972年)横浜生まれ。京都大学文学部卒業後、リゾート
ホテルチェーン、ファミレスチェーン、外資系会員制食品卸、
コンビニチェーン本部を渡り歩く。各社でマーケティング、原料調達、
商品開発、市場分析を担当。その後は国内最大手の市場調査会社にて
流通業のデータ分析、セミナー講師、レポート執筆を担当。
 直近では飲食業態も展開するドラッグストアチェーンの飲食部門
責任者を経て、現在は求職中。
 趣味は43歳にして免許を取ったバイク、バドミントン、ゴルフと
料理。東京都江東区在住。愛車はボルボV70、ホンダホーネット、
ヤマハシグナスX SR。

※当コンビニレポートコーナー内で述べられているコメントについ
ては、各種データ、筆者の知見に基づき作成されていますが、その
全てが正確性、確実性を保証するものではありませんのでご了承
下さい。


3)スローフードの本場イタリアの大橋美奈子さんから

南イタリアプーリア便り イトリアの谷の食卓から 第97回

「ラ・チェーナ・コン・ジョヴァンニ」(日本、イギリス、イタリアで
フードビジネスのコンサルタントをするジョヴァンニ・パンノフィーノが
プーリアから旬の珍しい食材を持ち帰って行うお食事会)今回は日本にお
けるプーリア料理を牽引する二店のお店で開催させていただくことになり
ました。このメールマガジンでもご紹介いただきましたが、お陰様で二回
とも定員を超えるお申し込みをいただきました。

 今回特別にご紹介した食材の一つに別名シーアスパラガス(海のアスパ
ラ)とも呼ばれるサリコルニアがありました。

 サリコルニア(Salicornia、プーリア方言でサルシデッドと呼ばれてい
ます。)は生食も可能ですが、主に茹でてレモンとオリーヴオイルでいた
だきます。原産は地中海地方ですがイギリス、フランスなどでも食される
アガサ科の塩生植物です。アドリア海、イオニア海と海岸線が800kmも
あるプーリアでは自生ものも栽培のものあります。昔はこれを焼いた灰か
ら取れる炭酸ナトリウムがガラスや石鹸の製造に使われていたということ
です。デトックス効果もありミネラルや塩分補給にも適した食品で、この
夏の時期にはシーフードの付け合わせとしてよく食卓に上ります。

 以前ご紹介したオカヒジキ(アグレッティ)同様、ちょっと海藻を思わ
せる食感と風味です。

 調べてみると日本では厚岸草と呼ばれているようです。アッケシソウは
主に北海道と瀬戸内海沿岸が生息地とのことですが、絶滅危惧種で環境省
のレッドデータブックに載っており保護活動も行われているそうです。と
いうことは残念ながら自生しているものを見つけても採取は禁止されてい
るということでしょうか。

 でもさすが珍しいもの大好きな日本ではネットショップでこのアッケシ
ソウの種子が売られているのを見つけました。

 元々日本にはなかった植物なので絶滅危惧と言われてもあまりピンとこ
ない感じもしますが、和食にもイタリアン、フレンチなどにも幅広く使え
る食材だと思うので輸入するくらいなら国内で生産されたものを食べたほ
うが良いのにと思います。

Tutti a tavola in Contrada San Salvatore
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.751298541583565.1073741832.100001102784712&type=1&l=82ee8281bf

Wiki アッケシソウ
https://ja.wikipedia.org/wiki/アッケシソウ

世界の珍しい植物の種子などを販売しているサイト「MARCHE AOZORA」)
http://www.marcheaozora.com/?pid=98708082

大橋美奈子 Facebook
https://www.facebook.com/minako.ohashi

メール・アドレス
minako@da-puglia.com

大橋美奈子さん経歴

 演劇の勉強で欧米に留学し、欧米の料理に馴染みました。主人の
ジョバンニ・パンフィーノはスイスの有名ホテル学校を卒業後、
レストランビジネスに入り、 高級ホテルやイタリア高級レストラン
のビーチェのヨーロッパの店舗で働いた後、 東京椿山荘に開業した
超高級ホテルのフォーシーズンの高級イタリアンとして開業した
ビーチェの指導責任者としての勤務経験がある外食のプロです。
 そのジョバンニ・パンフィーノと,日本で知り合い結婚し長女を
授かり育てていたのですが、数年前に子供の教育と生活環境を考え、
主人の故郷であるイタリア・プーリアに本格的に移住したのです。
母が料理学校を主催している関係で食に興味を持ち、自ら自家農園
で野菜を育て、自家製のオリーブオイルで体に優しい料理を楽しん
でいます。現在はプーリアで生活をしながら、イタリアの情報発信
をしたり、コンサルティング、輸出入ビジネスを行っております。

 また、時々イタリアの食ツアーを開催しています。これから私が
惚れ込んだイタリア・プーリア地方の自然を堪能する食情報を
お届けします。

 ブーツの形をしたイタリア半島のちょうどとがったヒールの辺りが
プーリア州です。私たちが日本とプーリアの架け橋になろうとダプーリア
という会社を起したのは15年前です。その頃と比べ、日本でも
随分認知度が高まったプーリアですが、この数年主に欧米人の
ヴァカンス先として大変注目を浴びています。
https://www.facebook.com/1438029856464276/photos/a.1438031556464106.1073741828.1438029856464276/1523683344565593/?type=1&theater

 プーリア州の中心部にあるイトリアの谷(谷というより盆地という
方がふさわしい)にあるこの地に東京から移り住んで6年、兼業農家
的生活も板に着いて来ました。プーリアといえばイタリアの食料庫
といわれる程の一大農産地でオリーヴオイル、ワイン用のブドウを
はじめ多くの野菜や果物がイタリア1番の生産量を誇ります。

 また、この地特有の地元でしか食べられない産物も沢山あります。
プーリア料理の身上は新鮮な食材をシンプルに食す事。この地で
生産されるチーズやワインもその料理と切っても切れない関係に
あります。そんなプーリアの我が家の毎日の食卓に上る食べ物、
飲み物たちをご紹介させていただきます

 我が家では7対3の割合ぐらいで一般的に言うところのイタリア
料理(プーリアの郷土料理)と日本食、その他(私が個人的に好きな
アメリカン及びアジアンテイストな創作料理)を食べています。

有限会社ダプーリア 
http://www.da-puglia.com/

大橋美奈子プロフィール 
http://www.da-puglia.com/archives/000047.html

プーリア州の説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%AA%E3%83%A3%E5%B7%9E

ダプーリア
大橋美奈子

             △▼△▼△▼△▼△▼△

● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー

 読者の皆様のご意見・要望・質問・情報・欄を作成しました。皆様のご
意見・要望をぜひお送りください。匿名で掲載させていただきますので忌
憚のないご意見をお聞かせください。また皆様が見聞き体験した外食・食
材情報もお知らせください。
 このFOOD104を支えてくださっている組織にFSPROと言う食の世界の専門
家の方が500名ほどいらっしゃいます。皆様のご質問・疑問に答えられる
ようになっておりますので,ご遠慮なくご質問などをお寄せください。
ちょっと時間はかかりますが回答させていただきます。

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース
------------------------------------■□
■株式会社ウィスク・イー
 英国のサイレントプール蒸溜所が造るプレミアムクラフトジン「サイレ
ントプール ジン」を当社が8月から正規輸入代理店として国内販売する事
をお知らせいたします。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103972/201707053419/_prw_PI2im_0dvW922m.jpg

 サイレントプール蒸溜所は2014年、英国で最も美しい田園地帯として知
られるサリー州のサイレントプール湖の畔に創業しました。地元で栽培さ
れるオーガニックラベンダーの他、洋ナシ、ローズペタル、エルダーフラ
ワーを含む24種のボタニカルが華やかでロマンティックな香りと味わいを
表現しています。パッケージには太陽の下で輝く湖をイメージし、エメラ
ルドグリーンのボトルを採用しました。

ウィスク・イーでは8月の発売に伴い都内のミクソロジーバー「ミクソロ
ジー エクスぺリエンス」にて南雲 主于三氏監修のオリジナルカクテルプ
ロモーションを実施します。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103972/201707053419/_prw_PI5im_7280357k.jpg
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103972/201707053419/_prw_PI6im_AfPflPUU.jpg

【プロモーション概要】
期間:2017年8月1日(火)〜 8月31日(木)[月〜土]18:00~03:00
    (L.O 2:30)
店舗:Mixology Experience ミクソロジー エクスペリエンス
    東京都港区六本木6-2-35 ハマ六本木ビル 4F  TEL: 03-6804-
2126

オリジナルカクテル「Silent Pool Lake」1600円(消費税・チャージ料
800円別)クリアトマトリキッドやフレッシュディルを使用。夏のガーデ
ンを想像させるフレッシュな味わい。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]ウィスク・イー
[部署名]マーケティング
[担当者名]深山
[TEL]03-3863-1501
[Email]miyama@whisk-e.co.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707053419/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社 岡村製作所
 2017年7月、既存の陳列棚(ゴンドラ)に差し込んで使用できるビルト
インタイプの冷凍機内蔵型ショーケース「ゴンドライン ケース」を発売
しました。「ゴンドライン ケース」は、スーパーなどの店舗で最も多く
使われているゴンドラのサイズ900W×450D(o)に合わせて設計した冷凍
機内蔵型ショーケースです。前面排気機構により周辺商品への排熱の影響
を防止、さまざまな売り場で冷蔵商品と常温商品を組み合わせて陳列で
き、関連商品を同じ売り場に陳列する手法「クロスMD(マーチャンダイジ
ング)」に最適です。ゴンドラと冷凍冷蔵ショーケースの両方をつくって
きたオカムラならではの技術と発想で、一体感のある美しい売り場づくり
を応援します。

冷凍機内蔵型ショーケース「ゴンドライン ケース」の特徴

 「ゴンドライン ケース」は、ゴンドラのサイズに合わせた設計の冷凍
機内蔵型ショーケースで、ゴンドラ陳列のなかに冷蔵商品の陳列を組み入
れることが可能です。冷蔵商品と常温商品を一つの売り場で展開すること
で、クロスMDの考え方の幅が大きく広がり、魅力ある売場づくりを演出し
ます。

 これまでゴンドラと冷蔵ショーケースを同列に配置するには、売り場に
合わせた特注対応や設備工事が必要となり、納期や設置に時間を要してい
ました。「ゴンドライン ケース」は、ゴンドラで最も多く使用されてい
るサイズ900W×450D(mm)に合わせた設計で、ゴンドラにぴったり組み入
れることができます。電源は100Vコンセントを使用、現状の売り場へのス
ムーズな導入が可能です。通路や動線を妨げずに、安全で一体感のある美
しい売り場を演出します。
 高さは850Hタイプと1500Hタイプの2種をラインアップ。陳列商品に合わ
せてお選びいただけます。ゴンドラの中島・壁面・エンドへの設置はもち
ろん、使い勝手が良いコンパクトサイズなので狭小店舗でもフレキシブル
に使用できます。

【この件に関するお問い合わせ先】
 株式会社岡村製作所 
 広告宣伝部 広報室
 03-6743-4512

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707063457/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■味の素AGF株式会社
 当社と、スターバックス・コーポレーション「スターバックス オリガ
ミR パーソナルドリップR コーヒー」と「スターバックス コーヒー」か
ら「ディカフェ ハウス ブレンド」を、2017年8月22日(火)より全国で
発売します。
 日本のスターバックスカフェでも最も人気のある「スターバックスハウ
スブレンド」の味わいはそのままに、カフェインを気にせずいつでもお楽
しみいただける「ディカフェ ハウス ブレンド」として登場です。「ディ
カフェ ハウス ブレンド」は、ナッツやココアの味わいが特長で、40年培
われたスターバックスのロースティング技術によって引き出された香りや
コク、かすかな甘みなど、すべてのバランスがよいカフェインレスのコー
ヒーです。
 リラックスしたい休日のブランチと一緒に楽しむ一杯、夜寝る前にカ
フェインを気にせず飲める温かい一杯など、“ディカフェ”を取り入れた
コーヒーライフをご家庭でもお楽しみいただけます。
 スターバックス製品は、家庭用コーヒー市場において高付加価値の商品
群「プレミアムカテゴリー」を新たに創造し、ご好評をいただいていま
す。「ディカフェ」を新しい選択肢の一つとして加えることで、プレミア
ムレギュラーコーヒー市場の更なる拡大を進めます。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053412/_prw_PI1im_RkDz141v.jpg
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053412/_prw_PI2im_5rNqr3Sm.jpg
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053412/_prw_PI3im_SKsip20Z.jpg

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]味の素AGF株式会社
[部署名]広報部
[担当者名]櫻井/藤井
[TEL]03-5365-8600
[Email]pr@agf.co.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707053412/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■味の素AGF株式会社
 業務用商品ブランド「AGFR プロフェッショナル」シリーズから、外食
産業の課題解決をサポートする冷水可溶の粉末飲料5種を、2017年7月28日
(金)より、全国で新発売します。
 近年、レストラン・居酒屋などの飲食店業界では、低価格化、慢性的な
人手不足など、厳しい状況が続いています。一方、女性の就業比率向上や
共働き世帯の増加により、女性の外食機会が増えています。そこでAGF
は、“女性客に喜ばれるメニューの拡充”に貢献する商品を開発しまし
た。《「AGFR プロフェッショナル」アルフォンソマンゴー 1L用》は、パ
ウダーに風味・糖度が高いアルフォンソマンゴーの果汁を使用していま
す。冷たい水にもサッと溶けるので、ドリンクやデザートメニューの材料
にぴったりです。
 また、ホテル業界では、国内旅行市場を牽引する女性をターゲットに、
各社が“女性向けアメニティの充実”に取り組んでいます。《「AGFR プ
ロフェッショナル」ピーチティー 1杯用》、《「AGFR プロフェッショナ
ル」マスカットティー 1杯用》は、フルーツにアッサムティーを合わせ
た、甘みや香りを楽しめるフルーツティーです。コーヒーや紅茶が一般的
なホテルのドリンクアメニティに、多くの女性から支持を得ているフルー
ツティーを加え、メニューの充実に貢献します。
 また、高齢化が進む中、高齢者福祉施設の増加と人手不足が深刻な問題
となっています。そこでAGFは、“高齢者の水分補給”に着目し、施設で
働く方々の労働負荷低減に貢献し、軽くて、在庫保管のスペースもあまり
とらない粉末飲料を開発しました。《「AGFRプロフェッショナル」香ばし
むぎ茶 1L用》は、国産の六条大麦を100%使用し、やさしい甘みとすっき
りとした香ばしさが特長のノンカフェインむぎ茶です。冷たい水にもサッ
と溶けるので、煮出しの手間・時間を軽減します。《「AGFR プロフェッ
ショナル」プラス 水分補給応援 甘レモン風味 1L用》は、ナトリウム、
カリウム、ビタミンC、クエン酸な
どカラダに嬉しい成分を含む清涼飲料タイプの粉末ドリンクです。強い酸
味によってむせてしまわないよう、高齢者にも飲みやすい甘いレモン風味
に仕上げました。
 今後も「AGFR プロフェッショナル」のシリーズ拡充を推し進め、外食
産業に携わるプロフェッショナルに幅広いソリューションを提案していき
ます。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053416/_prw_PI1im_5pEpF995.jpg
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053416/_prw_PI3im_FRQakG4n.jpg
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053416/_prw_PI2im_KxYY06f2.jpg
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053416/_prw_PI4im_Dg4wKysh.jpg
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104353/201707053416/_prw_PI5im_07frPAuz.jpg

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]味の素AGF株式会社
[部署名]広報部
[担当者名]櫻井/藤井
[TEL]03-5365-8600
[Email]pr@agf.co.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707053416/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■ホクト株式会社
 スポーツをする皆様をきのこが応援する新TVCMシリーズを2017年7月7日
(金)より全国で放映開始いたしました。
 シリーズは、迫りくるきのこが一生懸命応援する「菌勝っ!勝利へ向か
う」篇と、スポーツを頑張る少年少女をきのこが勝利へ誘う「菌勝っ!勝
利をつかみ取る」篇の2部構成で、いずれも熱いメッセージを込めたオリ
ジナルソングが流れるTVCMです。

【シリーズ第1弾】TVCM 「菌勝っ!勝利へ向かう」篇15秒:
https://youtu.be/m_AqT7kbiiw

http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104489/201707103536/_prw_PI15im_Sdqe64gm.png
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104489/201707103536/_prw_PI14im_S718203z.png

【シリーズ第2弾】TVCM 「菌勝っ!勝利をつかみ取る」篇15秒:
https://youtu.be/UcfeD0TEKgU

http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104489/201707103536/_prw_PI12im_b8uGs6oO.png 】
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104489/201707103536/_prw_PI9im_36Osyv6X.png 】

TVCMのストーリーは、スポーツシーンから始まり、突如切り替わる画面
に登場するのは全力で応援をする、きのこ。
 熱い応援が込められたCMソングと共に、画面いっぱいに広がる「絶対勝
つぞ。」の文字の後ろでは、「菌勝っ!」のハチマキをしてきのこが一生
懸命応援をしています。「試合だ!メシだ!菌活だ!」というコピーにあ
わせ、スポーツをし食事をする少年・少女のカットに続き、「負けてたま
るか。」というコピーと共に再度登場するのは、やはり一生懸命、熱く、
応援をする きのこ。
 「きのこをカラダに取り入れろ。」というストレートなメッセージで、
スポーツをするカラダにも必要なきのこのチカラを伝えます。
 また第2弾では、きのこが応援するだけでなく、頑張る少年・少女を勝
利へ誘っていくストーリーを展開します。

 スポーツシーンでは、筋肉やエネルギーの素となる三大栄養素が必要で
すが、三大栄養素は、それだけを摂取しても、正しく体に働くことができ
ません。これらの三大栄養素を効率よく補給し、助ける”ビタミン・ミネ
ラル”といった潤滑栄養素が重要となります。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104489/201707103536/_prw_PI17im_ia4EQWN6.jpg

 きのこには、潤滑栄養素である、ビタミンB群やビタミンD、カリウム、
マグネシウム、亜鉛、銅などのスポーツをする身体に嬉しいビタミン・ミ
ネラルがバランスよく含まれます。

CM概要
【タイトル】 「菌勝っ!勝利へ向かう」篇15秒、「菌勝っ!勝利へ向か
う」篇15秒
【放送開始日】 2017年7月7日(金)
【放送地域】 全国(15秒)
【CMソング】 『菌勝っ!?きのこから、がんばる人への応援歌?(LIVE
ver.)』
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M104489/201707103536/_prw_PI16im_Wb22iPvb.jpg

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]ホクト株式会社
[担当者名]鈴木
[TEL]026-243-3115
[Email]mika.suzuki@hokto-kinoko.co.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707103536/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■キッコーマン株式会社
 8月21日より、「キッコーマン いつでも新鮮 九州うまくちまろやか
しょうゆ」を九州エリア限定(沖縄県を除く)で新発売します。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103831/201707113575/_prw_PI1im_tgRlQL8E.jpg

 九州エリアでは、甘みのある味わいのしょうゆが好まれる傾向にあり、
あまくち・うまくちタイプのしょうゆが多く使われています。また、全国
的に拡大を続けている“いつでも新鮮シリーズ”をはじめとした密封タイ
プのしょうゆの市場は、九州エリアでも伸長しています。

 そこで現在、九州エリア限定で発売している「九州うまくちまろやか
しょうゆ」を“いつでも新鮮 やわらか密封ボトル”(*)に入れて、
「キッコーマン いつでも新鮮 九州うまくちまろやかしょうゆ」として
発売します。“いつでも新鮮 やわらか密封ボトル”を使っているため、
開栓後も常温で90日間、しょうゆの鮮やかな色、味、香りを保ちます。

「いつでも新鮮 九州うまくちまろやかしょうゆ」は、バランスのよいコ
クと甘み、本醸造しょうゆならではの華やかな香りが特徴です。冷奴やお
ひたし、お刺身などのつけかけにはもちろんのこと、煮物などの調理に使
うとコク深く仕上がり、おすすめです。

 福岡在住でテレビや雑誌で幅広く活躍していらっしゃる料理研究家の杉
山純子さんにレシピ開発にご協力いただき、店頭やWEBを中心に、「いつ
でも新鮮 九州うまくちまろやかしょうゆ」を使ったメニューをご提案し
ます。

 “いつでも新鮮シリーズ”は、2010年9月の「いつでも新鮮 しぼりた
て生しょうゆ」500mlパウチ(現在は終売)の発売を皮切りに、2011年8月
には
200mlボトル、2012年8月には450mlボトル、2014年8月には330mlボトルを
発売しました。

 そのおいしさと使い勝手の良さから、ご好評いただいている“いつでも
新鮮シリーズ”全体の2016年度の売上は、105億円となりました。現在、
お客様の用途に合わせてお選びいただけるよう、原料や製法にこだわった
生しょうゆや、減塩・低塩タイプ、だししょうゆなどを発売しており、今
回発売する「いつでも新鮮 九州うまくちまろやかしょうゆ(九州エリア
限定)」と同日発売の「いつでも新鮮 特選 丸大豆減塩しょうゆ」「い
つでも新鮮 旨みあふれる牡蠣しょうゆ」を合わせ、全16種類22アイテム
のラインアップとなります。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]キッコーマン株式会社
[部署名]コーポレートコミュニケーション部
[TEL]03-5521-5811
[Email]kcpr@mail.kikkoman.co.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707113575/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■カトープレジャーグループ
株式会社ケー・エキスプレス

 カトープレジャーグループは、大阪府、大阪市、経済界、大阪観光局、
舟運団体、学識で構成された団体「水都大阪コンソーシアム」より、『水
辺のまちあそび運営業務』を2017年6月13日委託されました。
 水辺のまちあそび運営業務の一環として、オープンエアーのBBQ&ビア
ガーデン『リバーサイドテラス中之島(RIVERSIDE TERRACE
NAKANOSHIMA)』を2017年8月上旬に開業し、2017年10月31日までの期間限
定で運営いたします。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103836/201707113584/_prw_PI1im_ISf0Usm0.jpg

 水辺のまちあそび事業とは 水と光の魅力で世界の人々を惹きつける
「水と光の首都大阪」を実現するため、「水と光のまちづくり推進会議」
より示された基本方針の一つである中之島公園とその周辺において、にぎ
わいづくりに資する事業を展開するとともに、日常的な水辺のにぎわいづ
くりにつながる催しやイベントなどが実施されていることを目的とした事
業です。

 次の通り事業を実施してまいります。
@ 公共空間の継続的活用
・水辺のまちあそびとしてにぎわいの恒常化をめざす取り組みを実施
・誘致イベントや飲食事業を展開
A にぎわいの総合プロデュース
・関係事業者との調整を踏まえ、他のエリアや団体との連携企画を実施
B 水と陸をつなぐ舟運と連動したにぎわいづくり
・大阪市内都心部を流れる川における各拠点との舟運連携や飲食関係者と
の連携

 公共空間の継続的活用の一つとして、中之島女神像前広場において、水
辺の光あふれるオープンエアーのBBQ&ビアガーデン「リバーサイドテラス
中之島」を運営いたします。水辺に集う幅広い客層に向けて、特に女性の
お客様にお喜びいただけるBBQスタイルを提供いたします。BBQの他、テイ
クアウトメニューも充実。平日は、オフィスのランチタイム、休日はファ
ミリーで楽しめる、味はもちろん、思わずSNSで投稿したくなるような
フォトジェニックな女性に喜ばれるメニューを提供いたします。
 BBQコースは、5,000円(BBQコース+飲み放題90分付き、税込)から、テイ
クアウトメニューは500円からご用意いたします。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103836/201707113584/_prw_PI2im_AfDqfr99.jpg

 中之島で定期開催される誘致イベントの開催や、自社イベントを他事業
者のご協力のもと、積極的に開催します。
・中之島クラシックデイズ
・中之島リラックスデイズ
・中之島パークフェスティバル
などのイベントに連動する、飲食事業や、エンターテインメントイベント
の誘致を行います。

 また、中之島公園芝生広場や中之島バラ園などで、季節に合わせたイベ
ントの創出、運営も行ってまいります。

 各イベントと舟運とが連動したイベントを周辺の舟運事業者のご協力の
もと、開催いたします。
 ・船上でクラシックを演奏する特別プログラム
 ・仮装したままクルージングが楽しめるハロウィンクルーズ
 ・中之島バラ園の開花シーズンに合わせた特別クルーズ
 など、舟運との連動により、水辺のにぎわいと、水上のにぎわいも創出
いたします。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]カトープレジャーグループ
[部署名]広報
[担当者名]谷口
[TEL]03-5459-5052
[FAX]03-5459-5051
[Email]pr@pleasureone.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707113584/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■キッコーマン株式会社
 8月21日より、「キッコーマン ステーキしょうゆ トリュフ&ポル
チーニ風味」を全国で新発売します。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103831/201707123610/_prw_PI1im_VP8cTFdO.jpg

「キッコーマン ステーキしょうゆ トリュフ&ポルチーニ風味」は、風
味豊かなトリュフとポルチーニを使用したステーキ専用ソースです。
うまみの強い超特選規格の丸大豆しょうゆをベースに、トリュフやポル
チーニ、玉ねぎ、にんにくを加えました。具材感たっぷりで、口に広がる
トリュフとポルチーニの贅沢な香りが楽しめます。隠し味に加えた赤ワイ
ンビネガーの酸味がアクセントとなり、うまみがありながらもすっきりと
した味わいです。

外食での熟成肉ブームや、ステーキレストランが増えていることもあ
り、ステーキはより身近な存在となり、特に赤身肉が人気です。
今回は、あっさりした赤身肉にも合うステーキしょうゆを開発するため、
芳醇な香りとうまみを持つトリュフとポルチーニを使いました。
また、今回の商品の開発に当たっては、鉄板料理「銀座うかい亭」の
シェフにアドバイスをいただき、味づくりを進めました。

トリュフとポルチーニの最大の魅力である香りを楽しめるよう、焼いた
牛肉にそのままかけるのがおすすめです。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]キッコーマン株式会社
[部署名]コーポレートコミュニケーション部
[TEL]03-5521-5811
[Email]kcpr@mail.kikkoman.co.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707123610/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■キッコーマン株式会社
8月21日より、「キッコーマン 旨みぎっしり、濃縮中華だし」を全国で
新発売します。
http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103831/201707123611/_prw_PI1im_GeBAySzS.jpg
「キッコーマン 旨みぎっしり、濃縮中華だし」は、これ1本で中華メ
ニューの味が決まる、液状タイプの中華万能調味料です。

国産の鶏がらだしに、しょうがとにんにくの香味野菜のほか、チャー
シューペースト、オイスターエキスなどを加えました。ご家庭で調味料を
組み合わせて再現するのが難しいような、複雑な味わいの本格的な中華メ
ニューの味が、これ1本で簡単に決まります。液状なので、計量しやす
く、スープに溶けやすいのが特徴です。また、食材に混ぜやすく、炒めも
のもムラなく均一な味に仕上がります。

中華万能調味料は、主に肉野菜炒めやスープ、チャーハンなどに使われ
ています。「旨みぎっしり、濃縮中華だし」は、肉野菜炒めとスープは2
人前で大さじ1杯、チャーハンは2人前で大さじ2杯と使用量がわかりやす
く、ラベルにも表記しています。

キッコーマンでは、「中華料理店のプロの味を、ご家庭で手軽に」とい
うコンセプトのもとに、1985年に「キッコーマン オイスターソース」を
発売し、それに加えて現在は「キッコーマン 豆板醤」「キッコーマン 
甜麺醤」の中華基礎調味料3種を販売しております。

キッコーマンは、これからも和風、洋風、中華の調味料を取り揃え、お
客様のニーズや使用シーンに合わせて使い分けていただけるように、便利
な使い方やレシピを含めて提案をしてまいります。
           
【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]キッコーマン株式会社
[部署名]コーポレートコミュニケーション部
[TEL]03-5521-5811
[Email]kcpr@mail.kikkoman.co.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707123611/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■静岡市 東海道歴史街道観光推進協議会(静岡市観光交流課内)

「オクシズ」を満喫する14の体験プログラムが大集合!今年の夏は、家族
でオクシズに出かけて思い出づくり!!

 2017年8月1日(火)〜8月31日(木)、自然豊かな静岡市の中山間地域「オ
クシズ」を舞台に、豊かな自然や食、伝統など14プログラムを体験できる
オクシズ温故知新博覧会「オクシズおんぱく」を開催します。
http://shizuoka-onpaku.jp/okushizu/

 同協議会では、今年2月、地域の様々な魅力、奥深さに出会える多彩な
体験型プログラム「駿河 東海道おんぱく」 http://shizuoka-onpaku.jp/surugatokaido/ を開催し、大好評をいただきました。「オク
シズおんぱく」は、その番外編として、今夏、自然豊かな中山間地域「オ
クシズ」を舞台に開催します。家族みんなで楽しめるプログラムとなって
います。

【おんぱくとは?】元々は大分県別府市で始まった「温泉泊覧会」が発祥
です。地域の特色を生かした体験プログラムを提供し、地域活性化に大き
な効果をもたらしました。小規模な交流型プログラムを「一定エリア内」
で「一定の期間」に「集中的」に開催することが特徴で、現在、全国各地
で取り入れられています。静岡市では「温故知新博覧会」をテーマに市内
の様々な魅力を発掘、発信することを目的にスタートしました。

【オクシズおんぱく概要】
開催期間:2017年8月1日(火)〜8月31日(木)
会場:オクシズエリア各所
http://shizuoka-onpaku.jp/okushizu/

【この件に関するお問い合わせ先】
[部署名]東海道歴史街道観光推進協議会(静岡市観光交流課内)
[担当者名]深澤・萩原
[TEL]054-221-1310
[Email]kankou@city.shizuoka.lg.jp

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707073512/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社アルカン
 業務用ECサイト「アルカン プロショップ」を2017年7月18日(火)から
正式にオープンをいたします。アルカンが輸入するヨーロッパを中心とし
た食材やワインなどを特別な卸価格でお買い求めいただけるレストランや
カフェ、ショップを営業されている方限定のECサイトです。フォアグラ、
キャビア、トリュフ、チーズ、オマールなど高品質の食材を世界中からお
届けいたします。

会員登録:無料(契約書不要)
送料:全国一律1,200円
お支払い:代金引換・クレジットカード・月締決済(クロネコあんしん決
済サービス)
https://shop.arcane.co.jp

http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103749/201707123643/_prw_PI2im_8nCU330P.jpg

 フレッシュのフォアグラやトリュフ、キャビアを輸入して以来、アルカ
ンは一貫して、産地を重んじ、本来の味を尊重し、旬の季節にあったそれ
ぞれの風土に根ざした食文化を、食材とともにお届けします。温度管理さ
れたコンテナによる輸入、冷凍から低温まで5つの温度帯で管理された倉
庫や輸送など、長年にわたって、蓄積されたノウハウと、食べるものを扱
うという責任と誇りをもって、徹底した品質管理を行っています。こうし
た食材は厨房やアトリエでシェフやパティシエにご満足いただき美味しい
お料理やお菓子となり、ベストマリアージュが生み出され、召し上がる方
に喜んでいただくことで、”おいしい、つながりの架け橋“をつくってい
きます。

http://www.arcane.co.jp

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]潟Aルカン
[部署名]マーケティング部
[担当者名]鹿野(かの)
[TEL]03-3837-4192
[Email]mayuko.kano@arcane-jp.com

本リリースの詳細は https://prw.kyodonews.jp/prs/release/201707123643/
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック-----------------------------------
■□

 デニーズ改築と とんかつひなた

1)デニーズ改築

 近所の中村橋の古いデニーズが建物から壊して、建て替え再オープンで
す。相変わらず平屋ですが、お洒落なデザインになり、ドリンクバーも備
えています。最近デニーズはお洒落な内装に目覚めたのか、郊外型珈琲店
の白やぎ珈琲など大変お洒落ですね。

 その雰囲気をデニーズ化したお店です。メニューも流行のチョイ飲みに
乗り遅れまいと、199円、249円、299円、349円台の小皿料理を作りまし
た。最近はローストビーフなどちょっと高めのメニューが増え、敷居が高
くなったような感じの払しょくでしょう。ローストビーフもメインでな
く、小皿にした(499円)食べやすいメニューを増やしています。 

 ちょっと高いイメージのデニーズですが、アルコール類に注意すれば結
構リーズナブルですね。

今回画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1395451633865001&set=pcb.1395452430531588&type=3&theater

公式HP
http://shop.dennys.jp/map/21967
http://www.dennys.jp/

2)とんかつ ひなた

 5月10日号で報告しましたが、うっかりヒレカツ食べるのを忘れて再訪
問です。前回カウンターに座って見ていたら、ヒレカツが美味しそうだっ
たのです。私は美味しそうだなと思うとつい再訪問してしまいます。ヒレ
カツはちょっと堅いので通常は、肉をよく叩いて柔らかくしてから揚げる
のですが、ひなたの特選ヒレカツ定食(3500円)は丁寧に柔らかく衣をつ
けて揚げるのです。

 今回は、特選リブロースかつ定食(3500円)と一緒に頼みました。ひな
たは、ちょっとピンク色が残るように上げるのですが、今回はちょっと赤
身が残り、食べにくかったのが残念。生っぽいのが嫌いな方は、ちょっと
注意が必要ですね。でもヒレカツは柔らかく美味しいですね。問題は3500
円もすることのバリュー感かな?持ち帰り用のヒレカツサンド1500円始め
ていたので2個持ち帰り。帰って食べたら柔らかく美味しかったですね。

 また、ここの定食はとん汁でなくスープなのが賛否両論でしたが、150
円追加でトン汁に変えることができるようになりました。

 次回はサービスランチのロースかつ定食1000円と上ロースかつ定食1500
円を食べたくなりました。

今回画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1395283430548488&set=pcb.1395283630548468&type=3&theater

前回画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1334038663339632&set=pcb.1334038853339613&type=3&theater

ひなた 公式facebook
https://www.facebook.com/tonkatsuhinata/

ひなた 評判HP
https://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB103/100001319425/24843131/
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13204289/
http://kyah.blog.jp/archives/51507240.html
https://ameblo.jp/shintaro-tanabe/entry-12247004867.html
http://ameblo.jp/segawa-azusa/entry-12237093032.html
http://onochan.jp/shop/%E9%AB%98%E7%94%B0%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E3%80%8C%E3%81%B2%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%80%8D%E9%AB%98%E7%94%B0%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E3%81%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%84%E5%B1%8B%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%81%9F
http://blog.goo.ne.jp/nobanonch/e/ca89273af2e1157f3192ce3628daa737
http://1000yen-lunch.tokyo/2017/03/08https://tokyo-calendar.jp/restaurant/4880/hinata/
http://www.asahi.com/and_M/articles/SDI2017021591671.html

東京とんかつ会議 関連HP
 山本益博(料理評論家)
 マッキー牧元(タベアルキスト)
 河田剛(グルメアナリスト)
https://www.facebook.com/tokyotonkatsukaigi.tv/
http://www.bs-tbs.co.jp/entertainment/tonkatsu/https://news.walkerplus.com/article/73293/
http://www.masuhiro.jp/season/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%A4%E7%95%AA%E4%BB%98/
https://tokyo-calendar.jp/article/4786
http://sirabee.com/2015/01/30/16266/
https://ameblo.jp/first-penguin/entry-12245116244.html
https://news.walkerplus.com/article/65608/
http://msh.weblogs.jp/season/2012/07/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BC%9A%E8%AD%B0%EF%BC%91%E6%B1%A0%E4%B8%8A%E7%87%95%E6%A5%BD%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%AE%9A%E9%A3%9F2000%E5%86%86.html
http://www.ajinotecho.co.jp/weblog/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BC%9A%E8%AD%B0-12/
http://blog.goo.ne.jp/daiyuusaku2000/e/c71b5f7e0207e6b809e3f19563d178c4

トンカツ関連情報HP
https://tabelog.com/tonkatsu/tokyo/rank/
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13141456/dtlrvwlst/B104892547/http://www.pictaram.com/tag/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%8B%E3%81%A4%E4%BC%9A%E8%AD%B0

              △▼△▼△▼△▼△▼△