weekly Food104 Magazine 2018年3月28日号


● 莫莫居鶯のお知らせ
● 世界・日本各地の食情報
● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック
● 日本外食ニュースと米国外食ニュース              

**************************************************************
              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 莫莫居鶯のお知らせ

 皆さん今晩は!暖かくなってきましたね。今は桜が満開と聞きましたが
皆様は桜を見に行きましたか?残念ながら私は行けずに満開の時期を逃し
てしまいそうです・・が春は草木も動物も活動が賑やかになります。 私
達が食する食材も日々増えて来るので非常に楽しみです。莫莫居でも時期
の食材を仕入れご提供していきたいと思います
 
●お子様メニューのご紹介
 これからの時期は小さなお子様を連れて公園や散歩に行かれるお母様や
お母様同士で集まる機会も 増えてくるのではないでしょうか?お腹の空
いたお子様に安心して食べて頂ける全てが手作りのお子様ランチの内容を
ご紹介します。

 プレートのメインになりますハンバーグ・コロッケ・鶏の唐揚げは、ハ
ンバーグは挽肉から・・コロッケもじゃが芋から・・唐揚げも鶏肉をカッ
トして醤油や生姜など代表的な調味料のみを使用して化学調味料・うま味
調味料などは一切使用しておりません!!もちろんハンバーグソースも手
作りです。玉葱を炒めるところから作る手作りソースです。御飯の上に
載っているおかかもカツオ節を醤油などで甘辛く煮た添加物なしの手作り
です!!!お子様に安心して食べさせられる事を第一に思って作っており
ます。注文を頂いてから作りますので少しお時間はかかりますが本格お子
様ランチぜひご利用ください。
(土日/祝日のみの販売になっております)
 
●宮崎地鶏のたたき
 宮崎の鶏専門店がこだわって作った鶏のたたきです!!衛生面を考えお
店での加工は行っておりません。ですが、こちらの商品は手作りかつその
場での真空加工になっていますのでその場で調理していると言えるのでは
ないかと思わされます。鮮度が大事なので大量仕入れは行わず日々数量を
決めての販売ですが味わっていただきたい1品です。
 
●桜海老のかき揚げ
 春といえば・・・桜海老ではないでしょうか!!色合も綺麗で春という
イメージにピッタリの食材ではと思います。私個人的ですが色々な調理方
法がある中でかき揚げが1番ではないかと思いかき揚げを推して行きたい
と思います。生で新鮮な桜海老が入るこの時期に是非桜海老の風味を存分
に味わって頂きたく思っております。
 
 今週、弊店お薦めしたい日本酒は刈穂ー山廃無濾過純米生原酒・番外品
です。刈穂は辛口のお酒が有名な秋田の地酒・秋田清酒さんからの名物で
す。毎年人気の超辛口番外品、今年も例年通り日本酒度+21!!

 日本酒度が高いと辛口の目安になりますが、この番外品はその年の出来
具合で+19、+20、+21と微妙に違います。厳しい寒さで日本酒度が上が
らず+16なんて年もありましたが、今年も日本酒度+21まで上げてきまし
た。
毎年番外品を楽しみにしている超辛口好きには、きっちり超辛口の日本酒
度に仕上がりました。アルコール度も19%と日本酒好きにはうれしい酔い
心地です。超辛口番外品、しかも山廃仕込の日本酒というと、ちょっと敬
遠してしまう方も多いと思いますが、意外にもこの日本酒は飲み手をあま
り選ばず人気があります。ですから非常に人気が高い日本酒です。重厚な
うまみとハードな切れを持った超辛口の味わいをお楽しみください。今流
行りの華やかな日本酒ではありませんが、じっくりお飲みいただきたいで
す。

 飲み口は山廃のお酒としてはスッキリしていますので、山廃を敬遠され
ている方でも抵抗なくおいしく飲めるはずです。どうぞお試しください。
通年商品ではありませんので、是非お早めにご来店お飲みください。弊店
では手頃なお値段(税込み600円)で提供しておりますので、是非、ご来
店お飲みくださいませ!

歓送迎会シーズンに向け、美味しいお鍋付き宴会コースを用意しており、
御予約をお待ちしております。

●莫莫居 鶯の昼飲みのご案内
 莫莫居 鶯では只今昼飲みを推進しています!キリンのハートランド生
ビールは勿論、おつまみなどもご注文頂けます。平日はランチ等で込み
合っていますが、土日はゆっくりお酒を楽しめる空間になっていると思い
ます。ご利用に際してはなんなりと従業員にお声をおかけください。

 美味しい丹精込めた手造り作りの料理で御予約をお待ちしております。

  料理長 川島

ほっこり和食 莫莫居 鶯 (ばくばくきょ うぐいす)
       東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビルB1 
電話  :03-3987-0085
メール :info@bakubakukyo.com 
HP   :http://www.bakubakukyo.com/ 
facebook:https://www.facebook.com/bakubakukyouguisu?fref=ts
担当  :侯(こう)
営業時間:ランチ  月〜日   11:30〜15:00
     ディナー 月〜日・祝 17:30〜24:00

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 世界・日本各地の食情報

1)メルマガ 石川22回目です。

 私は自他ともに認める食いしん坊であり、フードビジネスコンサルタン
ト。普段は食関連企業さんのコンサルや、シェフのメニュー作りのアドバ
イスをしています。だから、外食の時間は半分が仕事。いま、何が流行っ
ているのか、食の流行はどの方向に向かっているのか、それを現場で確認
するための大切な時間です。

 1年半前に日高かおるさんが「かごんまたべる通信」を作ろうと決心し
たのは私が開催した食事会でした。その日は、偶然、鹿児島県にゆかりの
ある参加者が多く、彼女のルーツも鹿児島だという話になったので、鹿児
島ってどんな食べ物があるの?とまぁ。食いしん坊ですから、食の話にな
る訳です。

 私は江戸っ子で田舎がありません。だから、地方出身の方々のお国自慢
は、とても羨ましく、特に食のお話はとても興味深いな?と思っていまし
た。しかし、この日、我が家でよく食べていた家庭料理「とり茶漬け」は
鹿児島奄美群島の郷土料理・鶏飯(けいはん)で、一般的によく食べるメ
ニューだったとか、サツマイモのお菓子「大学芋」や「スイートポテ
ト」、南国のフルーツがいつも食卓に並んでいたのは、健康的に日々を暮
らす薩摩の知恵だったのかもしれないなぁと気づいたのです。苗字は代替
わりして行きますが、食の伝統は母方のご先祖さまから、母の味として5
代目の私にも受け継がれている事を発見して、とても嬉しくなりました。
日本人って、約120年、5世代後でも、味がちゃんと引き継がれるものなの
ですね。

 でも、とっくに親戚の縁も切れている私は鹿児島の食材を宅急便で送っ
てくれる人はいないので、産直の美味しいフルーツや野菜を食べる事はで
きません。「せっかくの出会いなので、その地域を応援したいな?」そん
な気持ちを後押ししてくれる、世界的な取り組みとして最近、"Farm to
Table(ファーム トゥ テーブル)"という合言葉で、農地を応援する新し
い価値観が広まっているそうなのです。

 食材は輸送時間が短いほど「おいしく、新鮮で栄養価も高い」ので直接
生産者から仕入れたい。また、 エコ、エシカルを実践している消費者は
食材が育った環境について知りたがっています。 この様々な思いを実現
する方法の一つとして、「農場から食卓まで」を意味する「Farm to
Table」を合言葉に、生産地をリスペクトしたメニューを紹介。生産地の
環境改善にも貢献できるように働きかけるレストランが増えてきました。

 食べる側から生産者のチャレンジを応援し、消費者側も健康で前向きな
気持ちになることができます。継続してお互いがwin-winになれる関係を
作る事で、どちらかが犠牲になるのではなく、共存して高め合おうという
意識が生まれるので、とても良い価値観だと私は思っています。

 そんなFarm to Tableの価値観は、日本の場合、外食だけではなく、家
で食べる食事でも生産者を応援しようという取り組みが進んでいます。そ
の代表格が「食べる通信」です。

 全部で37通信、発行部数はトータルで9000部程度です。「かごんま食べ
る通信」は、カバー地域が「鹿児島県」。東京から鹿児島県を見て、その
良さを引き出そうとしているのが編集長の日高かおるさんです。紹介する
生産者は、彼女の現職「かおるや(瓶詰屋)」や、前職で知り合った方か
らスタートして行きます。キーワードは「チャレンジ」です。夢に向かっ
て頑張っている生産者や、代々農業を営む家族の物語を紹介していくそう
です。

【かごんま食べる通信 概要】
・2018年4月創刊(申込締切4/8)
・隔月発行、定期購読
・各号3,500円(送料、消費税込み)
・タブロイド判、12ページ
・毎号鹿児島でチャレンジしている生産者(農水畜産物およびその加工
品)を特集した情報誌(12ページ)と、彼らの生産物(2名様分程度)を
一緒に隔月でお届け。

◇かごんま食べる通信のWebサイト
http://taberu.me/kagonma/
◇購読申し込み(創刊号は、4月8日正午まで)
https://taberu.me/subscribe/kagonma/

創刊号で特集するのは、南さつま市笠沙町の柑橘農家長崎さんとグレープ
フルーツです。「転んでもタダでは起きない!」長崎さんのチャレンジの
物語とグレープフルーツ2人分が届きます。
【2号以降の特集(予定)】
・2018年6月 ふくどめ小牧場(鹿屋市) ソーセージ等
・2018年8月 さつまドーリームファーム(姶良郡湧水町) ブルーベ
リー
・2018年10月 久木田農園(霧島市) サツマイモ
・2018年12月 鹿屋オーストリッチ農場(鹿屋市) ダチョウ肉等 
・2019年2月 園山農園(姶良郡湧水町) にんじん等

【プロフィール】

石川史子 Ishikawa Fumiko (旧姓 戸田)
food field creative
facebook https://www.facebook.com/ffcnippon/
HPとblog http://ffcnippon.com/

 東京都生まれ。立教女学院中学・高校を経て立教大学理学部化学科を卒
業後、東京ガスに入社。最初の基礎技術研究所で材料の研究、次の商品技
術開発部では給湯器がメインでしたが、炊飯器やピピッとコンロの技術評
価も担当しました。その後、家庭用燃料電池の市場導入(商品化)に向け
たプロジェクトのメンバーに加わり、2003年頃からは、技術戦略、営業戦
略、プロモーション、営業と様々な部署を経験。2010年、業務用厨房
ショールーム「厨BO!SHIODOME」のオープンと同時に異動し、最適厨房研
究会の運営等に携わりました。「厨BO!SHIODOME」には稼働するガス調理
機器があるのでお客様へのプレゼンや、レストランショーなどの際に有名
なシェフの方にお手伝いいただき、厨房設計を支援できる私はフランス料
理界のシェフにかわいがられるようになりました。
 食の世界とのかかわりでは、立教女学院中学時代からの同級生が柴田書
店カフェ・スイーツなどの編集長・浅井裕子さんです。

  2015年秋に東京ガスを退職し、現在はフリーランスのコンサルタント
として、活動をしています。リケジョとしての能力と、仕事を通じた調理
機器メーカー、フランス料理界、居住地の埼玉県の農業と触れ合い、現在
の厨房業界や農業、料理業界のPRに幅広く取り組んでいます。これからそ
の幅広い視点でいろいろな食の光景をご紹介させていただきます。

 社内結婚した夫が浦和レッズの熱烈なサポーターのため、浦和で家族と
暮らしています。趣味はヨーロッパ野菜作り。車で15分、見沼田んぼと言
われる、田園エリアで畑を耕し、ご指導いただいている同世代の農家さん
との交流を楽しんでいます。

その他
MLA豪州食肉家畜生産者事業団 ラム肉PR大使「ラムバサダー」
全日本司厨士協会 埼玉県本部 広報企画部長
全日本司厨士協会 東京地方本部 協賛会員
フランス料理文化センター アミテイエグルマンド 会員
ホテル&ホスピタリテイビジネス衛生管理実践研究会所属
立教学院諸生徒礼拝堂ハンドベルクワイア OBOG会会長
立教大学観光クラブ、校友会企画委員
深沢アート研究所 マネージャー

_____________________
food field creative フードビジネスコンサルタント
石川 史子(Ishikawa Fumiko)
e-mail info@food-creative.com
web http://ffcnippon.com/


2)食の宝庫九州より上田さんです。

【こね屋チゾン】

 耳納山系の麓、うきは市山北地区の古民家に、そっと看板を上げている
パン屋さん。知らない人は通り過ぎる。土地勘が無いと迷う。きっとナビ
にも載っていない。店の名前は絵本作家の名前から取ったそうです。子育
てや家事に負担が無いように週に1日だけの営業なのだそう。今日は水曜
日で営業の日。桜並木の写真を撮りにいくついでにドライブしてきまし
た。

 いやはや、田んぼの中の在所の奥の古いお宅。どう見ても農家。小さな
看板には『毎週水曜日Only』の文字が、やる気がないのか、商売っけは感
じられないですね。

 国産の小麦をカキやリンゴなど天然の酵母で仕込んでいるパンは、もち
もちでしっかりした味わい。フルーツやクルミ、チーズを入れたパン。カ
ンパーニュもいい味わい。無理をしないで、自分の手の届く範囲で仕事を
する。店と作業場にしている小屋も1年がかりで自分の手で改造して作っ
たそう。

 大量生産、大量消費と真反対の小さなパン屋さん、口コミで少しづつ知
られて来ているみたいです。それでも、たくさん作ったり、毎日開けたり
はしないのだろうなあ。わざわざ買いに行く、そのために旅をする価値は
あるのかもしれません。個人の意見ですが(笑)
https://tabelog.com/fukuoka/A4008/A400803/40042317/

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10211378833404896&set=pcb.10211378848565275&type=3&theater

上田和久 facebookは
https://www.facebook.com/kazz.ueda

経歴と仕事分野
 厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、
食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年コンサルタントと
して独立。

 主に、HACCPの認証取得が目的ではない、あるいは安全安心な食品を提
供することを目的にした企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り
組みを支援している。

 具体的には、食品工場に対し、これまでの計画施工から現場運営まで経
験を生かした新築・増改築についての助言を行う他、製造現場に対して、
クレーム対応、異物混入の原因の究明と対策、再発防止の仕組み作りの提
案を行っている。

 食品工場の抱える問題やこれからますます厳しくなる要求への対応、そ
れらを一緒に解決していくことを使命とし、精力的に活動している。


3)食の本場イタリアの大橋美奈子さんから

 南イタリアプーリア便り イトリアの谷の食卓から 第124回

 畑に残ったチーマディラーぺの菜の花によく似た黄色い花は終わり、
次々に色々な野草や豆類の花々が咲き始めています。野草は花が咲いてし
まうと葉も茎も固くなってしまうので蕾が出来る前が収穫どきです。カル
ド・セルバヴァティコという野草はアザミの仲間のアーティチョークの野
生種と言われているカルド(カルドン)のそのまた野生種です。アーティ
チョークは花の蕾を、カルドは茎を食べますが、カルド・セルヴァティコ
は葉の中心の葉脈(中脈)部分を食べます。主に卵焼きに入れたり、かき
揚げのようにしたりします。カロリーは低くビタミン、ミネラル分が多い
ので健康食と言えるでしょう。うちの庭には勝手に自生してきてくれるの
ですが、痛いほどトゲトゲした葉を取り除くのに一手間かかる野草です。

 初めて茹でたものを口にした途端、思わず「蕗!」と叫んで(心の中
で)しまいました。ズッキーニの葉柄は形状が蕗に似ているので梅干し煮
にしてみたことがありますが、風味の点では断然こちらの方が蕗に近いも
のがあります。調べてみると蕗もカルドも同じキク科に属しています。食
べる部分も蕗は葉や葉柄、カルド・セルヴァティコは葉の中脈。成分的に
共通するものがあるのでしょうか。

 カルド・セルヴァティコの花は俗に言うアザミによく似ているので日本
でもアザミを食べる習慣はあるのかと調べてみると、なんと「山ごぼう」
「菊ごぼう」という名で味噌漬などとして売られているものの多くは栽培
されたモリアザミの根とのこと。「ウィキペディアさん、ホント?」と思
うほど私のイメージの中ではかけ離れていましたが、ごぼうもキク科の植
物で花はアザミに似ていることが判明。同じキク科の中でも花を見ると
プーリアではお目にかかれないごぼうと日本ではまだ珍しいアーティ
チョークが親戚だということが頷けます。キク科の植物のなんと幅広いこ
と。私の中では大発見です。似てるけど違う、違うけど共通点がある。ふ
と、人間のいとこやはとこ同士の関係に思いが及び家族、親族も同じよう
なものだなと思ったりしました。

我が家の食卓から
Tutti a tavola in Contrada San Salvatore
カルド・セルヴァティコ
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.751298541583565.1073741832.100001102784712&type=1&l=82ee8281bf <https://www.facebook.com/media/set/?set=a.751298541583565.1073741832.100001102784712&type=1&l=82ee8281bf>

カルド・サルヴァティコ・サレンティーノ (イタリア語)
https://biodiversitapuglia.it/cardo-selvatico-salentino/

アーティチョーク
https://ja.wikipedia.org/wiki/アーティチョーク

カルド(カルドン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/カルドン
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%B3>


https://ja.wikipedia.org/wiki/フキ
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%AD>

モリアザミ
https://ja.wikipedia.org/wiki/モリアザミ
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F>

ごぼう
https://ja.wikipedia.org/wiki/ゴボウ
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%9C%E3%82%A6>

大橋美奈子 Facebook
https://www.facebook.com/minako.ohashi

メール・アドレス
minako@da-puglia.com

大橋美奈子さん経歴

 演劇の勉強で欧米に留学し、欧米の料理に馴染みました。主人の
ジョバンニ・パンフィーノはスイスの有名ホテル学校を卒業後、
レストランビジネスに入り、 高級ホテルやイタリア高級レストラン
のビーチェのヨーロッパの店舗で働いた後、 東京椿山荘に開業した
超高級ホテルのフォーシーズンの高級イタリアンとして開業した
ビーチェの指導責任者としての勤務経験がある外食のプロです。
 そのジョバンニ・パンフィーノと,日本で知り合い結婚し長女を
授かり育てていたのですが、数年前に子供の教育と生活環境を考え、
主人の故郷であるイタリア・プーリアに本格的に移住したのです。
母が料理学校を主催している関係で食に興味を持ち、自ら自家農園
で野菜を育て、自家製のオリーブオイルで体に優しい料理を楽しん
でいます。現在はプーリアで生活をしながら、イタリアの情報発信
をしたり、コンサルティング、輸出入ビジネスを行っております。

 また、時々イタリアの食ツアーを開催しています。これから私が
惚れ込んだイタリア・プーリア地方の自然を堪能する食情報を
お届けします。

 ブーツの形をしたイタリア半島のちょうどとがったヒールの辺りが
プーリア州です。私たちが日本とプーリアの架け橋になろうとダプーリア
という会社を起したのは15年前です。その頃と比べ、日本でも
随分認知度が高まったプーリアですが、この数年主に欧米人の
ヴァカンス先として大変注目を浴びています。
https://www.facebook.com/1438029856464276/photos/a.1438031556464106.1073741828.1438029856464276/1523683344565593/?type=1&theater

 プーリア州の中心部にあるイトリアの谷(谷というより盆地という
方がふさわしい)にあるこの地に東京から移り住んで6年、兼業農家
的生活も板に着いて来ました。プーリアといえばイタリアの食料庫
といわれる程の一大農産地でオリーヴオイル、ワイン用のブドウを
はじめ多くの野菜や果物がイタリア1番の生産量を誇ります。

 また、この地特有の地元でしか食べられない産物も沢山あります。
プーリア料理の身上は新鮮な食材をシンプルに食す事。この地で
生産されるチーズやワインもその料理と切っても切れない関係に
あります。そんなプーリアの我が家の毎日の食卓に上る食べ物、
飲み物たちをご紹介させていただきます

 我が家では7対3の割合ぐらいで一般的に言うところのイタリア
料理(プーリアの郷土料理)と日本食、その他(私が個人的に好きな
アメリカン及びアジアンテイストな創作料理)を食べています。

有限会社ダプーリア 
http://www.da-puglia.com/

大橋美奈子プロフィール 
http://www.da-puglia.com/archives/000047.html

プーリア州の説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%AA%E3%83%A3%E5%B7%9E

ダプーリア
大橋美奈子

             △▼△▼△▼△▼△▼△

● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー

 読者の皆様のご意見・要望・質問・情報・欄を作成しました。皆様のご
意見・要望をぜひお送りください。匿名で掲載させていただきますので忌
憚のないご意見をお聞かせください。また皆様が見聞き体験した外食・食
材情報もお知らせください。
 このFOOD104を支えてくださっている組織にFSPROと言う食の世界の専門
家の方が500名ほどいらっしゃいます。皆様のご質問・疑問に答えられる
ようになっておりますので,ご遠慮なくご質問などをお寄せください。
ちょっと時間はかかりますが回答させていただきます。

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース
------------------------------------■□
■株式会社デジサーフ
 バーベキューの楽しみを「もっと身近に、簡単に」実現するためのバー
ベキュープラットフォームサービス『デジキュー(http://digiq.jp/)』
を提供する株式会社デジサーフは、昨年の好評に応え、「京王BBQガーデ
ン」を2018年4月19日(木)よりオープンします。

 新宿駅の目の前! 電車の時間を気にせず都会のど真ん中で肉フェ
ス!!
 「京王BBQガーデン」は、新宿駅の目の前に建つ京王百貨店の屋上に
オープンするバーベキュー施設。
 駅から徒歩1分!なので、平日学校や会社帰りに気軽に来られて、電車
の時間を気にせずぎりぎりまで楽しめるのが特徴です。
 店内は艶消し木素材やレンガ、ヴィンテージ調のファニチャーとグリー
ンを組みあせたブルックリンスタイルで、スタイリッシュかつ落ち着いた
大人の雰囲気を演出。新宿ならではの摩天楼の輝きとのコンビネーション
が絶妙です。座席は最大500席をご用意。夕方からは店内のグリーンにLED
イルミネーションが灯り、インスタ映えするフォトスポットも用意、大人
スタイルでの肉三昧!BBQが体験できます。ドリンクはご自分で持ち込ん
でも、おしゃれなカウンターでクラフトビールなどを購入してもOK。新宿
で評判の京王百貨店デパ地下でグルメ食材を購入して、贅沢な宴会も演出
できます。

 オープン前日までの予約特典! 先着限定でプレゼントあり!
 都心のオアシスで、ちょっとおしゃれなバーベキューパーティーはいか
が?今シーズン、デジキューでは、シーズンオープンキャンペーンとし
て、各施設オープン前日までにご予約いただいた方に、先着限定にて、
チーズ&クラッカーをプレゼントします。
 都内随一の喧騒を誇る新宿副都心の真ん中にぽっかりと出現したアーバ
ンスタイルのデジキューで、高層ビルの夜景を眺めながら、今注目のNYブ
ルックリンBBQにチャレンジしてみてはいかがでしょう!

「京王BBQガーデン」 店舗概要
名称:「京王BBQガーデン」
所在地:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-1-4 屋上 スカイガーデン
アクセス:京王線「新宿駅」京王百貨店口より徒歩1分
都営新宿線、大江戸線「新宿駅」JR新宿駅寄り出口より徒歩1分
JR「新宿駅」中央西口(京王口)より徒歩1分
小田急線「新宿駅」地下西口改札より徒歩1分
営業期間:2018年4月19日(木)〜11月25日(日)

<事前予約制>空きがある場合は当日でもご利用可能です。
休業日:8月21日(火)施設休館日
10月29日(月)〜11月25日(日)の平日休業
※荒天時(強風時や豪雨時など)は急遽営業を中止する場合がございます

営業時間:※10/28までは3部制、10/29以降は2部制(平日休業)
1部 11:00〜14:00 
2部 15:00〜18:00 
3部 19:00〜22:00 ※4/19〜10/28
※6/7〜9/2の土日祝日・8/10〜8/15は営業時間変更
1部 10:30〜13:00 
2部 14:00〜16:30 
3部 19:00〜22:00 
最大利用者数:最大約500席
利用料金:大人2,160円、小学生1,080円(税込)
 ※食材のお持ち込み可能
※お一人様、1部あたりの料金
※2名様より予約可
店舗詳細・予約サイト:https://goo.gl/LXQ4Z1

 オープン前予約特典
 4/17までに4名様以上でご予約いただいた方に先着限定で下記をプレゼ
ントいたします。
●先着100名様
チーズ&クラッカー
(4名毎に1個/1組最大5個まで)

デジキューとは?『デジキュー』は、バーベキューを「もっと身近に簡単
に」を実現する、バーベキュープラットフォームサービスです。BBQをコ
ミュニケーションの場として利用いただくため、予約システムをプラット
フォームにし、BBQ場と利用者、産地食材とBBQ場、BBQ場と運営者、BBQ機
材販売業者とBBQ業者をマッチングさせるO2Oサービスとして運営していま
す。会場の空き状況チェックから食材の予約、クレジット決済まで、WEB
上で簡単に予約できる仕組みを提供しています。

★人気の秘密は“手ぶら”でBBQ!
 火おこしをはじめとしたBBQ機材の準備や、機材の後片付けはスタッフ
で実施。会場には機材や食器など必要なものがすべて揃っているので、よ
り快適に、より便利にバーベキューを楽しむことができます。飲み放題の
ある会場などでは、WEBからのご予約特典でアルコール飲み放題の割引
サービスの提供もあります。

★食材は基本的に持ち込み自由!
 好きな食材、飲み物が持ち込み可能なので、自分だけのこだわりBBQが
楽しめます。商業施設の屋上にある会場などでは、施設内の食品売り場で
食材を購入し、ノンストップBBQも可能です。

★会社帰りに仕事仲間と、平日お昼にママ友と、休日に家族みんなで…
 日常のコミュニケーション空間としてのBBQを提供!公園はもちろん、
駅直結の商業施設屋上や遊休地など、思い立ったときにいつでもどこでも
 BBQをスタートできるような身近な会場を全国約60カ所に用意していま
す。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社ユース・プラニング センター
[担当者名]谷田部、大竹、藤井
[TEL]03-3406-3411
[Email]y-yatabe@ypcpr.com

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803222219
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■在日イタリア商工会議所
 2018年4月21日(土)22日(日)東京都品川区天王洲アイル/キャナルサ
イドにて日本最大級イタリアンフェスティバル「第3回Italia,amore
mio!」を開催します。会場となる天王洲アイルのキャナルサイドは隈研吾
氏設計の船型施設や木張りのボードウォーク、またキッチンを完備したハ
イセンスなイベントスペースを完備し、近年様々なイベントの会場となり
注目を集めているロケーションです。

 イベントは大きく4つのテーマに分けられ、様々なイタリアブランドが
出店します。1つ目はラグジュアリーなイタリアを紹介する「Le Stanze
(レ・スタンツェ)」にはランボルギーニやマセラティ、テクノジム等ラグ
ジュアリーブランドがご来場者様をお待ちしVIPラウンジではミシュラン
の星つきシェフロベルト・ロッシによる限定レストランを展開、トスカー
ナから来日したスターシェフによる特別な一皿を提供します。「Piazza
Italia(ピアッツァ・イタリア)」ではイタリア政府観光局(ENIT)やMSCク
ルーズジャパン等の出展者がトラベルを、バリラ・パスタ・バーやウンブ
リア州からイベントの2日間だけオープンするトリュフとサフランを使っ
たウンブリア料理のレストラン。カラブリア州のマンマによる伝統料理の
ポップアップレストランもオープンします。ボードウォーク上「Via 
Canale(ヴィア・カナーレ)」には30を超えるストリートフードが軒を連
ね、ピッツァやジェラート、本格エスプレッソなどのイタリアの味を気軽
にお楽しみいただけます。そして「Nave Amore(ナーヴェ・アモーレ)」の
船上がメインステージとなりデッキ上で数々のパフォーマンスが行われる
他、B1は映画館となり、日本初公開のイタリア映画が上映されます。

「Italia, amore mio!」(イタリア・アモーレ・ミオ!)
日時:2018年4月21日(土) - 22日(日)10:00 ? 21:00
会場:天王洲アイル/キャナルサイド 〒140-0002 東京都品川区東品川2
丁目1〜1
入場:無料(有料のコンテンツあり)
主催:在日イタリア商工会議所
特別協力:イタリア政府観光局(ENIT)、イタリア文化会館、イタリア文化
会館-大阪、一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会寺田倉庫
後援:イタリア大使館、在大阪イタリア総領事館、熊本市、外務省、ペ
ルージャ市、品川区、天王洲総合開発協議会

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]在日イタリア商工会議所
[部署名]イベントプロモーション
[担当者名]中島峻介
[TEL]03-6809-5802
[Email]italiamoremio@iccj.or.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803222223
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社タニタ
 日本の食文化の継承や地域活性化などを目的として2018年度にレシ
ピコンテスト「ご当地タニタごはんコンテスト−ヘルシー郷土料理で健康
まちおこし−」を実施します。日本全国に点在する郷土料理にフォーカス
し、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、これをタニタが考える
目安に則ってアレンジして安全・安心かつ健康的な食事に再生します。全
国5ブロック(北海道・東北、関東・甲信越、近畿・北陸・中部、中国・
四国、九州・沖縄)で予選大会を実施し、10月21日に東京・世田谷の
二子玉川ライズで全国大会を実施する予定です。予選大会を勝ち抜いたレ
シピは、改めてタニタ監修のもと商品化して販売する計画です。この取り
組みが評価されれば、2019年度以降も継続して実施していく方針で
す。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社タニタ
[部署名]広報課
[担当者名]冨増/横田
[TEL]03-3558-8116
[Email]tanitapr@tanita.co.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803232261
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■消費者動向調査 エヌピーディー・ジャパン
 中国の外食・中食市場の動向を分析・解説する無料セミナーを2018年4
月11日(水)に開催します。NPDグループより、中国フードサービスエキス
パートであるDanny Wangが来日し、中国の外食・中食市場の最新トレンド
の分析をご紹介します。中国へ進出している企業様、また今後中国市場へ
の進出を考えている企業様にとって、中国の外食・中食市場動向を知る
チャンスです。
少人数でのセミナーですので、Q&Aコーナーでは、中国フードサービスエ
キスパートと中国市場について質問や議論をできる場となります。

▼▽▼セミナー詳細はこちら▼▽▼
http://www.npdjapan.com/information/info_seminar_china2018/
【中国】外食・中食マーケットトレンドセミナー
日時:2018年4月11日(水) 15:15〜16:45 (開場は15:00より)
会場:AP品川アネックス 1F  Hルーム 東京都港区高輪3丁目23-17
https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinagawaanex/shna-base-2
受講料:無料
定員:18名(事前予約制)
下記フォームからお申込みください。
「ご要望選択」で「セミナーの参加申込み」をご選択ください。
https://www.npdjapan.com/contact-us/

以下でも申込、質問等承ります。

TEL : 03-5798-7663 (担当:東(あずま))
Email: npdjapan.info@npd.com<mailto:npdjapan.info@npd.com>


■有限会社藤井牧場
 2017年12月28日付でJGAP認証を取得しました。2012年に酪農部門で国内
認証第一号として取得した農場HACCPを基軸に、徹底した衛生管理を行っ
ております。引き続き、他社生乳との差別化を図り、消費者や企業に選ば
れるブランド力のある牧場を目指し、国際的に通用する認証取得にも挑戦
して参ります。
 北洋銀行は2018年3月2日、北海道21世紀総合研究所、日本政策金融公庫
と共同で組成した「北洋農業応援ファンド」から、富良野藤井牧場に1020
万円を出資すると発表しました。今後、より高品質で美味しい牛乳を消費
者へ届けるため、この資金を生乳の品質向上や商品開発の費用に充て、
2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの食材供給も目指しており
ます。また同時に、生乳や自社商品の物流体制構築や人材育成にも力を入
れて参ります。
URL:http://www.fujii-bokujo.com/

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]有限会社 藤井牧場
[担当者名]藤井 雄一郎
[TEL]0167-29-2988
[Email]daihyo@fujii-bokujo.com

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803232227
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■和歌山県有田郡湯浅町
 和歌山県有田郡湯浅町は、平成29年4月に日本遺産に認定された『「最
初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅』の魅力を紹介するPR動画を平
成30年3月27日(火)に公開します。
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/

 この動画は日本だけでなく外国の方にも湯浅町の魅力を知っていただく
ため、日本の歴史や文化に造詣が深いことでも知られているマンガ家、里
中満智子(さとなかまちこ)さんが描き下ろしたマンガを 用いていま
す。マンガ独自の表現方法である「コマ割り」や、登場人物の台詞を記す
「吹き出し」を残した個性的な演出を楽しんでいただけるアニメーション
です。“和食”が世界無形文化遺産に登録され、 今やソイソースとして
世界に広がる醤油の歴史や醸造法を解説するとともに、伝統的な建築物が
残る 町並みや食など、湯浅町の魅力を紹介します。

PR動画 概要
公開日:平成30年3月27日(火)
URL:http://www.town.yuasa.wakayama.jp/(湯浅町役場WEBサイト)
    https://www.youtube.com/channel/UCZcZItcZfthVGArPXL7mffQ
(湯    浅町役場YouTube)
声の出演:ジェフ / 武内 駿輔
     由希奈 / 上田 麗奈  
マンガ :里中 満智子

【お問い合わせ先】
湯浅町役場 ブランド戦略推進室 担当:落合 TEL:0737-63-2552

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803272341
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■富士宮市
〜田貫湖の「ダイヤモンド富士」は4月が見ごろ〜
夜間に訪れたいビュースポット富士宮市の星空・夜景の名所

〜富士宮市の春は長い! 1カ月にわたり観桜が可能〜
「富士山と桜の景観」で日本の春を満喫するお花見スポット

<お花見イベント情報>
3月31日(土)・4月1日(日) 「桜花祭」(富士山本宮浅間大社)
4月8日(日)
「内房(うつぶさ)たけのこ・桜まつり」(稲瀬川沿い)
4月14日(土)・15日(日)  「富士の巻き狩り 狩(かり)宿(やど)さく
らまつり」

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803272361
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社プレナス
 持ち帰り弁当の「Hotto Motto (ほっともっと)」を、2018年2月末現
在、2,723店舗を展開しております。本年、「ほっともっと」はブランド
創設10年を迎え、4月より新しくブランドスローガン『やっぱり、お弁当
屋さんのおべんとうはおいしい。』を策定し、空腹時に「ほっともっと」
を思い出していただき、お店に足を運んでいただけるように、TVCMを
中心とした新ブランドキャンペーンを展開してまいります。

「おいしさ」を伝えていく役として、俳優の柳葉敏郎さんが登場。食べて
いる姿やその語りだけで、お腹がなってしまうような演技を行っていま
す。今後は、CMごとに様々な職業を演じながら、「ほっともっと」の魅
力を伝えて頂きます。

 第一弾は、新発売の『しょうが焼き弁当』から
 新ブランドキャンペーンは、4月2日に発売する『しょうが焼き弁当』か
らスタートします。TVCMでは、サラリーマンに扮する柳葉さんが、同
僚たちのお弁当をおいしそうに食べている様子を見て、いてもたってもい
られなくなり、『しょうが焼き弁当』をついつい買ってしまうというス
トーリーです。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社プレナス 広報室  担当:古賀、浦  TEL:03-6892-0546
URL: http://www.hottomotto.com/ https://www.plenus.co.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803282401
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社プレナス
 「ほっともっと」では、厚みのある豚バラ肉と国産生姜を使った『しょ
うが焼き弁当』500円(税込)を、4月2日(月)より発売します。
『しょうが焼き弁当』の豚肉は、しっかりとした噛み応えのある肉厚のバ
ラ肉を使用しています。豚肉と玉葱とタレのバランスにこだわり、ボ
リュームに満足いただける商品に仕上げました。

 国産おろし生姜で、風味豊かにさっぱりとリンゴや玉葱の甘さを活か
し、生姜をふんだんに使った醤油ベースのタレは、包み込むように肉に絡
みます。また、盛り付けたしょうが焼きの上には、国産のおろし生姜を添
えることで、生姜の香りや辛味などを感じていただきながら、お召し上が
りいただけます。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社プレナス 広報室  担当:古賀、浦  TEL:092-686-1025
URL: http://www.hottomotto.com/ https://www.plenus.co.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803282395
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社デジサーフ
 昨年の好に応え、「デジキュー BBQテラス 横浜ワールドポーターズ
店」を2018年4月28日(土)よりオープンします。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社 ユース・プラニング センター
[担当者名]谷田部、大竹
[TEL]03-3406-3411
[Email]y-yatabe@ypcpr.com

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803282389
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社くらコーポレーション
 3月30日(金)より、「インスタ映え」で話題の「竹姫寿司」シリーズ
を、スイーツにアレンジした「竹姫スイーツ(3種類)」の販売を開始い
たしま
す。

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201803282403
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック-----------------------------------
■□

 ヒルトン台場

 編集長の王は、温泉治療でこわばった体を柔らかくするため、月に1回
ほど
近場の温泉に行くようにしています。でも最近はスタッフの子供の習い事
が忙しかったり、スタッフの仕事が忙しく、2か月に1度行くのがやっとで
す。そこで今回は都内近場の台場ヒルトンホテルに滞在し、リラックスす
ることにしました。

 一人3万円ほどと、ちょっと高いと思われますが、エクゼクティブラウ
ンジが使えて、朝食、ケーキ、カクテルアワーがあり、お得です。さら
に、2001年よりHILTON Hhonors オナーカード会員になり、2017年にヒ
ルトンプレミアム入会に入会したので年会費は20000円と高いのですが、
毎年更新時に1万円の金券が付き、部屋代は25%、食事は20%引きになるの
でよく使っています。ヒルトンの小田原は、温泉があるのでよく利用しま
すが、都内の新宿も好きです。

 今回はエクゼクティブフロアーの80平方mを予約したら、18000円で120
平方mにアップグレードできました。部屋は写真の通り、キングサイズの
ベッドルーム、7人座れる大テーブルの部屋、リビングルームの3部屋で、
他にキッチンが付き冷蔵庫も2台。表には広い庭のテラスが付き、ジャク
ジも備わっています。部屋からはお台場やレインボーブリッジが望めま
す。
 
 今回は更に贅沢に3日間夕食はホテル内にしました。1日目が中華、2日
目が鉄板焼きステーキ、3日目がカウンター天ぷら。3日目の天ぷらカウン
ターが景色が一番良かったですね。料理は鉄板焼きステーキ、中華バイキ
ング、てんぷらの順で。朝食はエクゼクティブラウンジでも食べられます
が、料理の種類の多い2階のコーヒーショップがお勧めです。プールは別
料金がかかりますが、新宿より広く眺めが良いのでリゾート気分満喫でき
ます。

画像

部屋
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1638158259594336&set=pcb.1638158949594267&type=3&theater

ラウンジ
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1639041756172653&set=pcb.1639042129505949&type=3&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1639042632839232&set=pcb.1639042669505895&type=3&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1639829806093848&set=pcb.1639830139427148&type=3&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1640005826076246&set=pcb.1640005929409569&type=3&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1640126592730836&set=a.373621336048041.85242.100002005326380&type=3&theater

コーヒーショップ朝食
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1640780175998811&set=pcb.1640780472665448&type=3&theater

中華
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1638225509587611&set=pcb.1638226432920852&type=3&theater

ステーキ
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1639253132818182&set=pcb.1639253492818146&type=3&theater

天ぷら
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1640224346054394&set=pcb.1640224742721021&type=3&theater

              △▼△▼△▼△▼△▼△
● 日本外食ニュースと米国外食ニュース    -------------------
■□

最新の情報は私のfacebookに掲載していますのでご覧ください。
https://www.facebook.com/toshiaki.oh

<日本外食ニュース>

━━━━━━━━━━━━━━━━━
消費者動向調査 エヌピーディー・ジャパン
マーケットトレンドニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━

中国外食・中食 調査レポート 3/26公開
――――――――――――――――
中国2017年第4四半期の動向
市場規模は5%増、客数は+3%増加
――――――――――――――――
 中国(22都市)の外食・中食市場全体は第4四半期において、金額市場
規模で昨年同期比+5%増加し、客数で+3%増加しました。成長をけん引
しているのは、Tier2(T2)都市、中国式ファストフード、テイクアウト、
30−39歳、午後の間食でした。≪続きはこちらから!≫ http://www.npdjapan.com/
プレスリリース欄よりご覧ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
FABEX2018でNPDジャパン
フードサービスシニアアナリスト東さやか が講演
「フードデリバリーの革新とマーケット状況
〜世界の先例から見る日本市場の今後について〜」
━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.fabex.jp/news/seminar_entry2018.html
↑お申込みはこちらから。データ展示コーナーもございます。是非お立ち
寄りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
365日外食・中食消費者調査
「CREST」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 CRESTとは、国内の外食・中食市場における消費者のあらゆる購買行動

その心理を毎日調査し、時系列で分析できる唯一の消費者パネルサービス
です。クライアントのニーズに合わせて特定のセグメント、カテゴリー、
チェーン、そしてメニューに関する分析・インサイトを提供し皆様のビジ
ネスに貢献しています。

日本全国15-79歳が調査対象。
圧倒的なサンプル数 132,000サンプル/年間。
世界11か国で同サービスを展開。
http://www.npdjapan.com/solutions/food/

━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月10,000以上の消費者の生の声
【外食・中食】「おすすめメニューデータベース」
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「友達にも薦めたい!」と思ったメニュー・お店・その理由を収集!ま
さに消費者の"感動の声"の宝庫!毎月10,000以上のメニュー情報。回答者
の記述を地域・性・年齢の属性情報と共に詳細収録。"旬"のキーワードが
分かります! これら外食・中食市場における「消費者嗜好」の傾向把握
は、家庭用部門の関係者様にも大変有益です。やがては訪れる内食への影
響を早期にキャッチ!http://www.npdjapan.com/solutions/food/rmd/

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■配信元:エヌピーディー・ジャパン株式会社
東京都港区高輪3-23-17 品川センタービル8階
TEL: (03) 5798-7663 FAX: (03) 5798-7665
   http://www.npdjapan.com/

みんなの経済新聞
https://minkei.net/

フードスタジアム
http://food-stadium.com/

フードリンク
http://www.foodrink.co.jp/news/

商業界
http://shogyokai.jp/articles/-/122

東洋経済オンライン 外食
http://toyokeizai.net/category/restaurant

フーズチャンネル
https://www.foods-ch.com/gaishoku/

Goo外食ニュース
https://news.goo.ne.jp/topstories/business/559/

サンケイBIZ
https://www.sankeibiz.jp/business/lists/service-n.htm

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

流通ニュース
https://www.ryutsuu.biz/

M&A 情報
https://ma-times.jp/category/manews/distribution

リテールテック
https://messe.nikkei.co.jp/rt/news/index_2.html

<米国外食ニュース>

QSR マガジン
https://www.qsrmagazine.com/

NRN紙
http://www.nrn.com/

     △▼△▼△▼△▼△▼△