weekly Food104 Magazine 2018年6月6日号


● 莫莫居鶯のお知らせ
● 世界・日本各地の食情報
● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー
● 食ビジネスニュースリリース
● 王利彰のレストランチェック
● 日本外食ニュースと米国外食ニュース              

**************************************************************
              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 莫莫居鶯のお知らせ

 皆さん今晩は!6月がスタートしました!!天気予報でも梅雨入り間近
と言っていましたがハッキリとしない空模様が多くなってきました。ジメ
ジメとした天候が続きますがお店は明るく元気に営業してまいりますので
池袋に来た際には是非当店に足を運んで頂き美味しい料理とお酒を堪能し
て頂きたく思います。お料理も季節の食材を使い新しいメニューを準備し
てご来店をお待ちしております。

●真鯛の西京焼き
 養殖ではありますが、朝〆の真鯛を自家製の味噌に五分程度漬けてから
焼きます。新鮮だからこそ味わえる食感や素材の旨味を存分に堪能できる
一品です。味噌の風味の鯛とお酒の相性は抜群だと思います是非ご賞味頂
きたくご紹介させていただきます。

●丸雛鶏の半身揚げ
 ビールがすすむ時期になってきました!!グループでシェアしながら楽
しめるお料理として、紹介させていただきます身の柔らかい雛鶏を豪快に
調理した一品で、雛鳥の半身を特製のスパイスに、二日間漬け込み身が固
くならない様に低温で焼き、最後に油でカリカリに揚げ、鶏の色々な部位
を少量ずつですが味わえるお得な商品です是非賞味ください!!

 今週、弊店のお薦めしたいの日本酒は純米吟醸酒の水芭蕉です。水芭蕉
は永井酒造株式会社により、製造された日本酒です。群馬県最北部に位置
する川場村は、総面積85.29平方キロのうち83%が山林で占められていま
す。一級河川の薄根川、桜川、溝又川、田沢川、田代川の5つの清流が流
れる地に集落が開けたのが始まりとされ、川の多いところから地名にも
なったと言われております。この地方の気候は、冷涼で年平均気温は
11℃、冬の平均気温は6.6℃まで下がり、降雪地帯で、山岳地帯の積雪
量は多い時で2〜3メートルに達します。 そんな冬の厳しい環境に耐
え、雪解けとともに人々の息吹も樹木と呼吸を合わせたかのように弾み始
めます。山々は、自然からの食の幸に恵まれます。まさに山の懐で生かさ
れているかのように感じるほどに自然は大きな存在を意味します。

 この特有の自然条件は群馬県ならではの様々な食材、食文化を生み出し
てきました。 その代表的なものが、うどん、こんにゃく、高原野菜、漬
物、そして日本酒です。

 水芭蕉はブームになっている獺祭と同じ山田錦のお米を使い、米の持つ
独特の味わいを追求した味と香りです。36度〜40度、または冷やすの
はお薦めです。是非一度ご来店頂き、ご賞味くださいませ!

●莫莫居 鶯の昼飲みのご案内
 莫莫居 鶯では只今昼飲みを推進しています!キリンのハートランド生
ビールは勿論、おつまみなどもご注文頂けます。平日はランチ等で込み
合っていますが、土日はゆっくりお酒を楽しめる空間になっていると思い
ます。ご利用に際してはなんなりと従業員にお声をおかけください。

 美味しい丹精込めた手造り作りの料理で御予約をお待ちしております。

  料理長 川島

ほっこり和食 莫莫居 鶯 (ばくばくきょ うぐいす)
       東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビルB1 
電話  :03-3987-0085
メール :info@bakubakukyo.com 
HP   :http://www.bakubakukyo.com/ 
facebook:https://www.facebook.com/bakubakukyouguisu?fref=ts
担当  :侯(こう)
営業時間:ランチ  月〜日   11:30〜15:00
     ディナー 月〜日・祝 17:30〜24:00

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 世界・日本各地の食情報

1)食の宝庫九州より上田さんです。

 【とんかつ竹亭】

 鹿児島県は人口160万人、県庁所在地の鹿児島市に集中していま
す。60万人。第二の都市がソニーや京セラの工場を抱える霧島市が12
万人、三番目が鹿屋市で10万人と大きな差がついています。鹿児島県の
本土部分は、鹿児島市のある薩摩半島と、鹿屋市のある大隅半島に桜島と
錦江湾を挟んで分かれています。その大隅半島ですが、概ね農業が主要産
業。他に鹿屋市で目立つのは海上自衛隊鹿屋航空基地。それと幾多の有名
選手を産んだ鹿屋体育大学です。実は、それ以上は無いのですけどね。

 さて、そんな鹿屋市に行くと、だいたい皆が連れて行くのが、とんかつ
「竹亭」です。調理スペースを囲む12席くらいのカウンター席と、6人
がけのテーブル席が8卓くらいある、大きな店なのですが、ピークを過ぎ
た13時頃でも、ほぼ満席、入れ替わりでお客さんがやってきます。

 メニューは、豚カツのみ、並みと上、ご飯とみそ汁でセットになりま
す。上の豚カツは、SNSに写真をアップしたら友人から「ワラジ?」と
コメントが付きましたが大きいサイズです。普通の定食で900円、ロー
スの上とんかつ定食が1100円でしたが、コスパは高いと思います。

 2種類の鍋で上げた衣はサクサクで、厚めの肉もジューシーで美味しい
豚カツでした。ちょっと衣が剥げやすいのが残念でした、少し塩気を感じ
るのは、衣かバッター液に工夫があるのかもしれません。鹿児島旅行2日
目、豚カツ3食目でしたが、美味しくいただきました。

【とんかつ 竹亭 鹿屋本店】

食べログ
https://tabelog.com/kagoshima/A4604/A460401/46001037/

トリップアドバイザー
https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1022923-d7146561-r317934980-Tonkatsu_Taketei_Kanoya-Kanoya_Kagoshima_Prefecture_Kyushu.html

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10211713515531740&set=a.3190519360235.2126668.1183389410&type=3&theater

【プロフィール】

上田和久

kazz@studiowork.jp

スタジオワーク合同会社 代表

1959年熊本県生まれ、京都、福岡で暮らし、都城の単身生活を終え福岡に
戻っています。

国際HACCP同盟認定リードインストラクター、JHTC認定リードインストラ
クター

上田和久 facebookは
https://www.facebook.com/kazz.ueda

経歴と仕事分野
 厨房設備施工会社、電機メーカーで冷蔵設備の設計施工営業を担当後、
食品メーカーへ転職し、品質保証の仕事を経て、2016年コンサルタントと
して独立。

 主に、HACCPの認証取得が目的ではない、あるいは安全安心な食品を提
供することを目的にした企業に対して、HACCPに基づいた衛生管理の取り
組みを支援している。

 具体的には、食品工場に対し、これまでの計画施工から現場運営まで経
験を生かした新築・増改築についての助言を行う他、製造現場に対して、
クレーム対応、異物混入の原因の究明と対策、再発防止の仕組み作りの提
案を行っている。

 食品工場の抱える問題やこれからますます厳しくなる要求への対応、そ
れらを一緒に解決していくことを使命とし、精力的に活動している。


2)メルマガ 石川32回目です。

 千載一遇のチャンスを掴みたい。誰もが願うことですが、それをチャン
スだと理解してないと掴めないもの。もし私が彼らの話を聞かなかった
ら、物凄いチャンスが来ていることに気づかず、見過ごしていたかもしれ
ません。今回は、日頃お世話になっている皆さまからの情報がとても役に
たったというお話です。

 先日、名古屋のオーガニックローズ「ベルバラ園」山田さんにお会いし
ました。2012年6月バラでは日本初となる有機JAS認証を取得した商品で、
バラ本来の香りを楽しんだり、食べたり、お風呂に入れても安心して使え
るオーガニックローズを作られています。

 美しいバラは、品質を保つために多量の農薬が使われていたり、見た目
の美しさが優先で、香りの少ない品種が好んで栽培されているそうなので
すが、山田さんのバラは香りが良く、オーガニックなので、食べたり、
触ったりしても安全なバラの花です。色々お話を伺っていると、来月東京
のミニマルシェに呼ばれたというのです。その場所がフランス大使館で、
農作業の服装で行く訳にはいかないので、「何を着て行ったらいいだろ
う?」と聞かれました。

 そこで、イベントについて、詳しく資料を拝見したのですが、あまり詳
しく書かれていません。しかし、来場者は250名と書かれており、セキュ
リティも厳しいとのこと。これは、時期的にも大使が参加するフランス・
レストランウィークのレセプションだろうと判断ができました。また、当
日は人気レストランのオーナーシェフが料理を振る舞うのですが、そのメ
イン食材として使われる食材の生産者はミニマルシェとしてブースを出す
ことができると書かれていて、彼は日本全国から選ばれた数少ない生産者
の一人でした。

 確かに、フランス料理と縁のない方にはどんなイベントなのか全くわか
らないのは仕方ありませんが、私にアドバイスをするようにバトンを渡し
てくれたコンサル仲間の判断が素晴らしかったのです。山田さんには、レ
セプション当日会場にいる方々のご説明、当日のスケジュール、ブースの
準備、後日、PRに使えるように当日の写真撮影のポイント、名刺交換な
ど、今後の販路拡大につながる動きができるよう、細かいアドバイスをす
ることができました。
チャンスを掴めるのはご縁もちろんのこと、状況判断と事前準備、さらに
自分だけではなく、周りの協力も大切で、良いタイミングでベルバラ園さ
んに出会えた事を嬉しく思ったお仕事でした。

 6/4のレセプションに参加される方がいましたら、ぜひ山田さんにお声
がけください。オーガニック・ローズの魅力をたっぷりお話して頂けると
思います。また、コンフィチュール、シロップも持参します。色、香りが
美しい商品です。詳しくはこちらをご覧ください。
https://item.rakuten.co.jp/kokonoefoods/vifrose-jam-02/#vifrose-jam-02
 またその夜、会食していた居酒屋「花あかり」渡辺料理長のご紹介で偶
然、司厨士協会東海地方本部の会報広報委員長瀬口さんにもお会いしまし
た。地元フレンチシェフと知り合いたいとおっしゃっていたまさにその日
に、会いたい人に会えるなんて、運の良い企業さまです。偶然とはいえ、
ご縁を繋げるお仕事ができて、前日の飲み会からそのまま東京駅で深夜バ
スに乗り込み、名古屋まで行った甲斐がありました。

 名古屋には美味しいものがたくさんあります。今回はこちらに伺いまし
た。
<ランチ>
ノリタケの森
CAFE DIAMOND DAYS (カフェ ダイヤモンドデイズ)
 国際的にも高く評価されている食器メーカー「ノリタケ」創業の地に作
られている施設で、名古屋駅から徒歩10分程度です。工場として使用され
ていた赤レンガの建物や、噴水もある素晴らしい庭園の中でゆっくり過ご
せます。ノリタケの食器でいただく、モーニングはとても贅沢な気分を味
わえました。
ホットサンド・クロックムッシュ サラダ・フルーツヨーグルト コーヒー
¥980 (税込)

ノリタケの森「CAFE DIAMOND DAYS」
http://www.noritake.co.jp/mori/
TEL.052-561-7304
名古屋市西区則武新町3-1-36

<居酒屋>
花あかり
 栄駅近くにある老舗、割烹都筑が経営している居酒屋。重厚な木の扉が
あり、一見さんはなかなか入れないと思いますが、明るくて親しみやすい
店員さんが迎えてくださいます。新しくてとても清潔感のあるお店で、厨
房前のカウンターで板前さんがずらりと並んでいる姿は圧巻でした。個室
がたくさんあり、接客が丁寧なので、ビジネスで使われている方が多そう
です。若い料理長、渡辺悠さんが色鮮やかな食材と美しい食器で、誰にで
も楽しめるようなお料理を作られています。

花あかり
TEL.052-962-2337
名古屋市中区錦3-18-31

Facebookに写真を掲載しています。
https://www.facebook.com/ffcnippon/

【プロフィール】

石川史子 Ishikawa Fumiko (旧姓 戸田)
food field creative
facebook https://www.facebook.com/ffcnippon/
HPとblog http://ffcnippon.com/

 東京都生まれ。立教女学院中学・高校を経て立教大学理学部化学科を卒
業後、東京ガスに入社。最初の基礎技術研究所で材料の研究、次の商品技
術開発部では給湯器がメインでしたが、炊飯器やピピッとコンロの技術評
価も担当しました。その後、家庭用燃料電池の市場導入(商品化)に向け
たプロジェクトのメンバーに加わり、2003年頃からは、技術戦略、営業戦
略、プロモーション、営業と様々な部署を経験。2010年、業務用厨房
ショールーム「厨BO!SHIODOME」のオープンと同時に異動し、最適厨房研
究会の運営等に携わりました。「厨BO!SHIODOME」には稼働するガス調理
機器があるのでお客様へのプレゼンや、レストランショーなどの際に有名
なシェフの方にお手伝いいただき、厨房設計を支援できる私はフランス料
理界のシェフにかわいがられるようになりました。
 食の世界とのかかわりでは、立教女学院中学時代からの同級生が柴田書
店カフェ・スイーツなどの編集長・浅井裕子さんです。

  2015年秋に東京ガスを退職し、現在はフリーランスのコンサルタント
として、活動をしています。リケジョとしての能力と、仕事を通じた調理
機器メーカー、フランス料理界、居住地の埼玉県の農業と触れ合い、現在
の厨房業界や農業、料理業界のPRに幅広く取り組んでいます。これからそ
の幅広い視点でいろいろな食の光景をご紹介させていただきます。

 社内結婚した夫が浦和レッズの熱烈なサポーターのため、浦和で家族と
暮らしています。趣味はヨーロッパ野菜作り。車で15分、見沼田んぼと言
われる、田園エリアで畑を耕し、ご指導いただいている同世代の農家さん
との交流を楽しんでいます。

その他
MLA豪州食肉家畜生産者事業団 ラム肉PR大使「ラムバサダー」
全日本司厨士協会 埼玉県本部 広報企画部長
全日本司厨士協会 東京地方本部 協賛会員
フランス料理文化センター アミテイエグルマンド 会員
ホテル&ホスピタリテイビジネス衛生管理実践研究会所属
立教学院諸生徒礼拝堂ハンドベルクワイア OBOG会会長
立教大学観光クラブ、校友会企画委員
立教学院評議員
深沢アート研究所 マネージャー

_____________________
food field creative フードビジネスコンサルタント
石川 史子(Ishikawa Fumiko)
e-mail info@food-creative.com
web http://ffcnippon.com/


3)食の本場イタリアの大橋美奈子さんから

  南イタリアプーリア便り イトリアの谷の食卓から 第131回

 この6月プーリアの州都バーリの歌劇場が初の日本公演を行うことにな
りそのプログラムにバーリの街について執筆させていただくことになりま
した。実はわたくしプーリアと関わる前はニューヨークで演劇を勉強した
り日本ではオペラやバレエを招へいする財団に勤めておりました。イタリ
アの端っこの農業生産地であるプーリアのオペラハウスの引越し公演が日
本で行われそのプログラムにプーリアの記事を書かせていただけるという
事は私個人的には大変感慨深いものがあります。

 飲食をはじめとするホスピタリティビジネスとオペラや演劇、映画など
のエンターテイメントビジネスはお客様が感動や非日常の世界に対してお
金を払うという点では共通しています。日常をひととき忘れて楽しむ事で
生きる活力を得る、特に最近その需要が増していてお客様も「楽しませて
欲しい!」と貪欲になっている気がします。作品に対する期待と余韻も含
めて噛み締めて頂くために観劇の前後に何処で何を食べるかも重要なポイ
ントだと思っています。

 2001年にプーリアを舞台にした「血の記憶」という映画が日本で公開さ
れた時も配給会社とプーリア産ワインの輸入会社を繋げて劇場でプロモー
ションを仕掛けた事もありました。この作品はリアルなプーリアを描いた
秀作で、当時まだ広く知られていなかったプーリアワインをアピールする
機会としてピッタリだと思っておりました。当時としてはいささかマニ
アックというか自己満足的であったかもしれませんが、この映画のエドア
ルト・ウィンスピア監督はその後もプーリアでプーリア人を描き続けてお
りベネチア映画祭などでも評価されている実力派となっています。

 勿論、今回のオペラ公演でもプログラムへの執筆だけではなく都内およ
び近郊のプーリア贔屓のレストランでチラシを置いて貰うなど宣伝に少し
でも協力したいと申し出ました。

 演目は「イル・トロヴァトーレ」と「トゥーランドット」どちらもイタ
リアオペラの人気作です。オペラ未経験の方でも楽しみやすい華やかな舞
台セットと美しいメロディの作品かと思いますのでこの機会に是非劇場へ
足をお運びください。

イタリア バーリ歌劇場 初来日公演 
「トゥーランドット」「イル・トロヴァトーレ」
http://www.concertdoors.com/news/754/

大橋美奈子 Facebook
https://www.facebook.com/minako.ohashi

メール・アドレス
minako@da-puglia.com

大橋美奈子さん経歴

 演劇の勉強で欧米に留学し、欧米の料理に馴染みました。主人の
ジョバンニ・パンフィーノはスイスの有名ホテル学校を卒業後、
レストランビジネスに入り、 高級ホテルやイタリア高級レストラン
のビーチェのヨーロッパの店舗で働いた後、 東京椿山荘に開業した
超高級ホテルのフォーシーズンの高級イタリアンとして開業した
ビーチェの指導責任者としての勤務経験がある外食のプロです。
 そのジョバンニ・パンフィーノと,日本で知り合い結婚し長女を
授かり育てていたのですが、数年前に子供の教育と生活環境を考え、
主人の故郷であるイタリア・プーリアに本格的に移住したのです。
母が料理学校を主催している関係で食に興味を持ち、自ら自家農園
で野菜を育て、自家製のオリーブオイルで体に優しい料理を楽しん
でいます。現在はプーリアで生活をしながら、イタリアの情報発信
をしたり、コンサルティング、輸出入ビジネスを行っております。

 また、時々イタリアの食ツアーを開催しています。これから私が
惚れ込んだイタリア・プーリア地方の自然を堪能する食情報を
お届けします。

 ブーツの形をしたイタリア半島のちょうどとがったヒールの辺りが
プーリア州です。私たちが日本とプーリアの架け橋になろうとダプーリア
という会社を起したのは15年前です。その頃と比べ、日本でも
随分認知度が高まったプーリアですが、この数年主に欧米人の
ヴァカンス先として大変注目を浴びています。
https://www.facebook.com/1438029856464276/photos/a.1438031556464106.1073741828.1438029856464276/1523683344565593/?type=1&theater

 プーリア州の中心部にあるイトリアの谷(谷というより盆地という
方がふさわしい)にあるこの地に東京から移り住んで6年、兼業農家
的生活も板に着いて来ました。プーリアといえばイタリアの食料庫
といわれる程の一大農産地でオリーヴオイル、ワイン用のブドウを
はじめ多くの野菜や果物がイタリア1番の生産量を誇ります。

 また、この地特有の地元でしか食べられない産物も沢山あります。
プーリア料理の身上は新鮮な食材をシンプルに食す事。この地で
生産されるチーズやワインもその料理と切っても切れない関係に
あります。そんなプーリアの我が家の毎日の食卓に上る食べ物、
飲み物たちをご紹介させていただきます

 我が家では7対3の割合ぐらいで一般的に言うところのイタリア
料理(プーリアの郷土料理)と日本食、その他(私が個人的に好きな
アメリカン及びアジアンテイストな創作料理)を食べています。

有限会社ダプーリア 
http://www.da-puglia.com/

大橋美奈子プロフィール 
http://www.da-puglia.com/archives/000047.html

プーリア州の説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%AA%E3%83%A3%E5%B7%9E

ダプーリア
大橋美奈子

             △▼△▼△▼△▼△▼△

● 読者からのご意見・要望・質問・情報 コーナー

 読者の皆様のご意見・要望・質問・情報・欄を作成しました。皆様のご
意見・要望をぜひお送りください。匿名で掲載させていただきますので忌
憚のないご意見をお聞かせください。また皆様が見聞き体験した外食・食
材情報もお知らせください。
 このFOOD104を支えてくださっている組織にFSPROと言う食の世界の専門
家の方が500名ほどいらっしゃいます。皆様のご質問・疑問に答えられる
ようになっておりますので,ご遠慮なくご質問などをお寄せください。
ちょっと時間はかかりますが回答させていただきます。

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 食ビジネスニュースリリース
------------------------------------■□
■株式会社フリーデン
 本年3月にベルギーで開催されたiTQi(国際味覚審査機構)2018年度審
査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。
 世界の一流シェフやソムリエの中から厳選された審査グループによる目
隠し方式官能分析の結果、2015・2016・2017年度に続きSuperior Taste
Award (優秀味覚賞)「三つ星」を受賞しました。総合評定90以上の食品に
のみ与えられる「三ツ星」を4年連続で受賞したことは、国産豚肉として
日本初の快挙といえます。同時に出品した「やまと豚の骨付ハム」も、2
度目のエントリーで最高評定の「三ツ星」を2年連続受賞しました。表彰
式は6月11日にブリュッセルで行われます。
 優秀味覚賞「三ツ星」を3年連続で受賞した食品に与えられ、当社の
「やまと豚」は昨年度の審査会でクリスタル味覚賞に輝きました。同賞
は、3年間にわたって異なる審査員グループによって目隠し状態で審査さ
れ、総合評定で90以上を連続して獲得した食品のみが得られる賞で、継続
的な卓越性の証しともいえます。

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社フリーデン
[部署名]広報
[担当者名]落合あずさ
[TEL]0463-58-0123
[Email]ochiai@frieden.co.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201805304464
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社くらコーポレーション
 6月1日(金)より、「ふわ雪氷 イタリアンスペシャル」を全国のくら
寿司で期間限定にて販売します。当社は、これまで一部の店舗でのみ提供
していた「ふわ雪氷」を、5月11日(金)より、くら寿司全店舗での販売
を開始。本商品は、その「ふわ雪氷 シリーズ」の新商品となります。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805304463-P8-80ldCp85

 「ふわ雪氷」には、天然水を長時間掛けて冷やすことでできる純度の高
いかき氷専用の氷を使用。純度の高い氷を、専門店でも使用されている、
氷を削る力が業界最高レベルの高級かき氷機で削ることで、従来のかき氷
よりも、氷ひとつひとつがきめ細かく、口どけのよいふわっとした口当た
りを実現しました。この夏は、くら寿司で本格かき氷がお手頃な価格でお
楽しみいただけます。
 「ふわ雪氷 イタリアンスペシャル」は、今年3月に発売した本格的洋食
メニュー「イタリアンシリーズ」の好評受けて開発。イタリア国旗がイ
メージできるよう「宇治抹茶(緑)」「豊潤いちご(赤)」の2種2色のシ
ロップを上から贅沢にかけ、食べ進むと、器の底からシャリコーラのシ
ロップも味わえるようにしました。味も見た目も楽しめるかき氷となって
おります。「宇治抹茶」は、安政元年創業の老舗「玉林園」の宇治抹茶を
使用した本格的な味わいが特徴です。「豊潤いちご」は、いちごの果肉を
ふんだんに使用。丁寧にかき混ぜることで具材感が残るよう仕上げ、いち
ご本来の芳醇な甘みと豊かな香りがお楽しみいただけます。「シャリコー
ラ」は、米麹から作った甘酒をベースのくら寿司オリジナルドリンク
「シャリコーラ」をシロップに仕立てました。お米の自然由来の優しい甘
みと、「米酢」を隠し味にしたことで、爽やかな酸味が感じられる、スッ
キリとした味わいが特徴です。一度に3種の味が楽しめる、まさに“スペ
シャル”な商品が完成しました。是非、この機会にご賞味ください。

【本リリースに関するメディアの皆様からのお問い合わせ先】
株式会社 くらコーポレーション 広報宣伝部
TEL:0724-93-6153  FAX:0724-93-6154

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201805304463
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社鮒忠
 『ヤマザキ ランチパック 浅草鮒忠の焼き鳥風味』(以下 ランチパッ
ク焼き鳥風味)の発売に合わせ、弊社ウェブサイト内にて特設ページを、
本日6月1日(金)10時00分から期間限定でオープンいたしました。
 ランチパック焼き鳥風味は、鮒忠の焼き鳥の味わいを手軽に楽しめる惣
菜パンです。今回のコラボレーションのポイントは、継ぎ足して大事にし
てきた焼き鳥のたれと、炭火で焼いた風味をいかに表現するかでし
た。1946年(昭和21年)創業以来、71年間守り続けてきた鮒忠の味の再現
にこだわり、数回の試食を重ねて完成しました。ランチパック焼き鳥風味
と同時に、焼き鳥風味のフィリングとたまごを混ぜ合わせた『ヤマザキ
焼き鳥風味&たまごパン』も発売されます。
 特設ページでは、鮒忠の焼き鳥のたれの特徴や、歴史、店舗を紹介して
います。焼き鳥の起源や、戦後の創業当時の様子などを知ることができ、
これまで鮒忠を知らなかった方にも楽しんでいただけます。
 また、ランチパック焼き鳥風味のパッケージ1枚ご持参のお客様に、ご
来店1回につきドリンク1杯無料サービスのキャンペーンを鮒忠店舗にて実
施いたします。実施店舗などキャンペーンの詳細は、特設ページをご覧く
ださい。

【特設ページ概要】
サイト名:「ランチパック浅草鮒忠の焼き鳥風味」発売記念特設ページ
URL: http://www.funachu.co.jp/lunch-p/

内 容:
 ○浅草鮒忠とは(鮒忠の歴史) 
 ○ランチパック焼き鳥風味の特長
 ○7月開催うなぎ祭りのお知らせ
 ○鮒忠の焼き鳥を楽しめる店舗紹介

開設期間:6月1日(金)?7月31日(火)まで

【ヤマザキ 焼き鳥風味&たまごパン概要】
商品名:ヤマザキ 焼き鳥風味&たまごパン
標準小売価格:119円(消費税込)

【この件に関するお問い合わせ先】
株式会社鮒忠
http://www.funachu.co.jp/
〒111-0032 東京都台東区浅草5-6-4
TEL.03-3872-2727
担当:お弁当・ケータリングサービス事業部 立澤弘一
e-mail:tatuzawa@ funachu.co.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201805314477
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■学校法人 大正大学
 運営幹事校を務める東北再生「私大ネット36(さんりく)」が、2018年
6月9日(土)に第4回となる2018年春の南三陸スタディツアーの活動報告や
他大学の活動事例を発表する『さんフェス』を開催します。『さんフェ
ス』は活動報告の他に、南三陸の食材を使用した軽食やスタディツアーで
行った“テレフォノスコープ”や“マインドフルネス”を体験できるコー
ナーも設置する予定です。

概 要
日 時:2018年6月9日(土)15:00〜18:00(開場 14:30)
場 所:大正大学「座・ガモール クラシック 鴨台食堂(5号館8階)」
東京都豊島区西巣鴨3-20-1
主 催:東北再生「私大ネット36」
参加費:1,000円(学生500円)
申込方法:(1)〜(5)のいずれかでお申し込みください。
(1)チラシのQRコード
(2)インターネット「http://bit.ly/2Lfeed5」
(3)電話「03-5394-3062」
(4)FAX「03-5944-5270」
(5)メール「info@shidai-net36.jp」

プログラム
14:30 開場
【第1部】
15:00 参加者同士のアイスブレイク
 東北福祉大学による活動報告
 私大ネット36による活動報告・体験
【第2部】
17:00 来場者からのコメント
夏のプログラム紹介

体験コーナー(予定)
◇テレフォノスコープ 担当教員:埼玉工業大学 人間社会学部 情報社
会学科 田中克明先生黒電話を使って、人々の語りを集めるシステムで
す。受話器をとると質問が流れ、それに答えて個々の想いを話してもらい
ます。面と向かっては話しにくい自身のことを語ることで、新たな気づき
があります。
◇マインドフルネス 担当教員:大正大学 地域構想研究所 山中昌幸先
生自分の身体や気持ちの状態に気づく力を育む「心のエクササイズ」で
す。欧米では、すでにその効果について、多くの実証的研究報告があり、
ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されてい
ます。

 東北再生「私大ネット36(さんりく)」とは東日本大震災後の復興にあ
たり教育的視点から支援活動を行っていくため、加盟校27校がゆるやかに
連携しながら、自由で独自性のある活動を実施できる環境を創出すること
を目的に2012年に発足しました。主な活動内容は、宮城県南三陸町を
フィールドとした学びのプログラム「南三陸スタディツアー」の実施とシ
ンポジウムの開催です。当初はがれき撤去などの復興ボランティア活動が
中心でしたが、その後、現地の復興状況とともに活動内容も変化し、南三
陸町の第一次産業、商店街、自然環境などについて、現地の方に話を伺っ
たり、実際の体験を通して、東北地方の復興について学び考えるプログラ
ムを開催しています。

運営幹事校
 こども教育宝仙大学、埼玉工業大学、大正大学

東北再生「私大ネット36」加盟校 27校(2018年5月現在)
 こども教育宝仙大学、埼玉工業大学、大正大学、大谷大学・大谷大学短
期大学部、学習院大学、京都華頂大学、京都ノートルダム女子大学、京都
文教大学、國學院大學、駒澤大学、淑徳大学、女子栄養大学、大東文化大
学、鶴見大学、帝京平成大学、東海学園大学、東京音楽大学、東京女子大
学、日本女子大学、花園大学、佛教大学、松本大学、身延山大学、立教女
学院短期大学、立教大学、立正大学(50音順)

【本件に関する取材の問い合わせ】
東北再生「私大ネット36」事務担当校 大正大学 フィールド学習支援課
TEL:03-5394-3062 FAX:03-5944-5270  MAIL:info@shidai-net36.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201806014534
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社タニタ
 こころの健康づくりをコンセプトにした新業態の旗艦店「タニタカフェ
有楽町店」を2018年6月6日(水)にJR有楽町駅構内(東京都千代
田区)のルミネストリートの一角にオープンします。タニタカフェは、
「楽しさ」や「心地よさ」といった「こころの健康づくり」につながる
エッセンスを採り入れたコンセプトカフェです。食材の食感を残した新感
覚の「噛む」スムージー「カムージー」はじめ、1日に必要な野菜量の半
分を無理なく摂ることができる「有機野菜ともち麦のサラダボウル」、
「和だしのフォー」など、おいしく、楽しみながら、自然と健やかになっ
ていけるオリジナルメニューをラインアップ。20代−30代の女性を
メーンターゲットに、新しいカフェの楽しみ方を提案します。

http://www.tanita.co.jp/tanitacafe/
Instagram (https://www.instagram.com/tanitacafe.official/)
Facebook(https://www.facebook.com/tanitacafe.official/)

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社タニタ
[部署名]広報課
[担当者名]冨増、横田、名倉、須永
[TEL]03−3558−8116
[Email]tanitapr@tanita.co.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201806044618
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■日本製粉株式会社
 ニップンインターナショナル(代表取締役社長: 内田宗司 本社:東京都
渋谷区)は、2018年6月13日(水)から15日(金)に東京ビッグサイトで開催さ
れる「
Pizza&Pasta Show 2018」に出展いたします。
 今回の出展では、アグジャーロ&フィーニャ社のピザ用小麦粉「チンク
エ スタジオーニ」をはじめ、シッタ社のピザ窯用加工薪「オーソレミ
オ」など、ピザ関連商品をメインにご紹介します。共同出展している増田
煉瓦(株)のピザ用窯で焼いたナポリピザの試食提供も行います。
 また、ジャコバッツィ社の豊かな香りと調和のとれた甘酸っぱい風味が
特長のバルサミコ酢、オルトジェル社の有機冷凍ブラッドオレンジジュー
スなど、こだわりのイタリア食材も展示します。
 本展示会は、ピザ・パスタ向け食材・機材・サービスが一堂に集まる専
門展示会で、新メニューの開発・新業態開発を検討しているカフェ・レス
トランオーナーや、フードビジネスバイヤーとの商談の場となっておりま
す。
http://pizzapasta.jp/

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]日本製粉株式会社
[部署名]広報部
[担当者名]宮屋敷晃二
[TEL]03-3511-5307
[Email]k-miyayashiki@nippn.co.jp

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201806054638
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■農林中央金庫
 夕ごはんで多いのは、1位「サラダ」(72.3%)2位「野菜などの炒め
物」など、野菜が中心さらに「お酒は飲まない」、「晩酌はしない」お父
さんが増加し、健康への意識の高さが顕著に「料理を作る」お父さんは11
年前(29.8%)から倍増(60.8%)するなど食への意識も高い

食生活の実態
 朝ごはんを毎日家で食べるお父さんは約半数(48.8%)、平均は週に
「4.4回」
 昼食の平均予算は「646円」、最多価格帯は「500〜600円未満」
(32.1%)
〜前回(2013年)調査の平均予算「591円」から約1割(55円)アップ
 夕ごはんのおかず、1位「サラダ」(72.3%)、2位「野菜などの炒め
物」(71.0%)〜過去調査と比べて、野菜料理が全般的に増加傾向なのに
対し、「焼き魚」は減少
 好きなおかずは11年前から不動のトップ3、「カレー」「唐揚げ」
「ギョウザ」
 「お酒は飲まない」(前々回13.8%→前回16.3%→今回21.0%)が増加
傾向
 お父さんの食生活への参加度、11年前に比べ大幅アップ 
〜「何もしない」は1割以下(前々回28.8%→前回11.5%→今回9.5%)に
減少
〜「料理を作る」は6割(同上29.8%→52.5%→60.8%)に増加

 子どものごはんやお弁当を作ったことが「ある」お父さんは4割弱
(36.3%)

家族が伝える食
  自分の故郷、ふるさとと思うような地域は「ある」(47.3%)
〜「ある」と答えた人では、故郷、ふるさとを何かしら“応援したい”が
約75%

〜応援するために「頻繁に帰省」が4割弱、「ふるさと納税を利用」も1割

 郷土料理や行事食を子どもに“伝えたい”は7割以上(73.3%)
 おふくろの味が「ある」(59.5%)が過半数
 食べ物や食事について子どもに教えてきたこと1位「食べ物を粗末にし
ない 」(71.3%)

〜「食事中に電話やメールをしない」(31.3%)は前回より増加
 食事中のスマホや携帯の使用は「行儀が悪い」(60.3%)と感じる人が
6割

〜昨年の高校生を対象にした調査でも「行儀が悪い」(55.3%)で、同様
の傾 向

SNSに食事の写真を“アップしたことがある”(14.8%)は少数派

〜高校生を対象にした調査では””アップしたことがある(46.5%)”
で、お 父さんと大差

次世代へ繋ぐ食
 食の安全に“関心がある”お父さんが、7割強(72.3%)

 当金庫のホームページ
https://www.nochubank.or.jp/efforts/research.html
に掲載の調査報告書をご参照ください。

【この件に関するお問い合わせ先】
農林中央金庫
広報CSR企画室:島田、大谷
〒100-8420 東京都千代田区有楽町1−13−2
DNタワー21(第一・農中ビル)
TEL.03-5222-2017

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201806054650
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■帝国ホテル
帝国ホテル 東京は、京都・祇園の芸舞妓と東京・新橋の芸者の総勢約
40名が共演する『第9回 東西おどり〜祇園・京の雅 新橋・江戸の粋〜』
を8月25日(土)に開催いたします。(お一人様34,000円、お料理・お飲
物付、サービス料・消費税込。予約開始:2018年6月6日(水)10:00よ
り)

京都市東山区祇園町に位置する「祇園甲部」は、江戸初期に始まる京都
で最大規模を誇る花街です。もっとも繁栄した時代には千人を超える芸舞
妓が花街を彩り、現在では約120名が江戸時代から続く伝統芸能を受け継
いでいます。「祇園甲部」の芸舞妓が多数出演する「都をどり」は、明治
5年(1872年)に京都博覧会で公開されて以降140年間、毎年4月1日から30
日まで祇園甲部歌舞練場にて開催されてきました。現在でも古都の春の風
物詩として毎年賑わいます。
東京を代表する花街「東京新橋」は、江戸時代安政年に始まり、明治時
代には日本一の社交場として知られるほどに発展しました。大正14年
(1925年)、歌舞練場として新橋演舞場が創設され、こけら落しに「東京
新橋」の芸者による「東(あずま)をどり」が披露されました。以降、「東
をどり」は、毎年4月(もしくは5月)の約1週間、新橋演舞場にて開催さ
れています。

『東西おどり』は、2010年に初めて開催して以来、多くのお客様にご好
評をいただいていることから夏の恒例の催しとして続けており、このたび
第9回開催の運びとなりました。

『第9回 東西おどり』の概要は次の通りです。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806054668-P2-d58g84W8

東西を代表する花街から集まった総勢約40名の芸舞妓、芸者が、ひとつ
の舞台で優雅で華やかな舞を披露します。ショーをお楽しみいただいた後
は、帝国ホテル伝統のフランス料理と東京吉兆の懐石料理の、和洋折衷の
特別コースをお召し上がりいただきます。お食事中には出演者によるお席
へのご挨拶もございます。
東西の花街が共演する数少ない機会に、帝国ホテルが自信を持って提供
するお料理とともに“大人の粋な遊び”を心ゆくまでお楽しみください。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806054668-P3-5m0elY5R

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806054668-P4-4p8A0j93

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201806054668-P5-JoCXpwln

料理イメージ(昨年の様子)

日  時 : 8月25日(土)
   昼の部 ショー13:15〜、お食事14:30〜
   夜の部 ショー18:15〜、お食事19:30〜
会  場 : 本館2階「孔雀の間」
料  金 : お一人様 34,000円 *お料理・お飲物付、消費税・サー
ビス料込
協  力 : 祇園甲部「一力亭」、東京吉兆
飲料協賛 : アサヒビール株式会社、白鷹株式会社

予約受付開始: 6月6日(水)10:00より
ご予約・お問い合わせ: 宴会イベント係 03-3504-1255(10:00〜17:
00、土日祝を除く)

株式会社 帝国ホテル ホテル事業統括部 広報課
〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1
TEL.03-3539-8014(直通)
FAX.03-3504-1474
ホテル事業統括部広報課長 : 池本知恵紀
広報担当 : 若月理紗

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201806054668
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

■株式会社三光マーケティングフーズ
 牛丼業態「東京チカラめし」の創業7周年を記念し、日頃の感謝の気持
ちを込めて、看板メニューの元祖・焼き牛丼(並盛)を創業当時の価格
280円で4日間限定販売いたします。

 期間
2018年6月7日(木)〜2018年6月10日(日)の4日間
 対象店舗(営業時間)
東京チカラめし 池袋西口店(5:00〜翌3:00)
東京チカラめし 新宿西口1号店(5:00〜翌3:00)
東京チカラめし 横浜西口1号店(5:00〜翌3:00)
東京チカラめし 大森町店(9:00〜23:30)
東京チカラめし 新宿東口総本店(5:00〜翌3:00)
東京チカラめし 柏西口店(5:00〜翌3:00)
東京チカラめし 新鎌ヶ谷店(9:00〜翌1:00)
東京チカラめし 海浜幕張店(9:00〜23:30)
※半蔵門店、関西店舗は対象外となります

https//www.sankofoods.com/

【この件に関するお問い合わせ先】
[会社名]株式会社三光マーケティングフーズ
[部署名]営業推進部
[担当者名]金子、野津
[TEL]03-3537-9711

本リリースの詳細は
https://kyodonewsprwire.jp/press/release/201806054683
株式会社共同通信PRワイヤー
TM Copyright(c)2001-2018 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

              △▼△▼△▼△▼△▼△

● 王利彰のレストランチェック-----------------------------------
■□

1)かごの屋
 近所のかごの屋(クリエイト・レストランツ傘下)に久しぶりに行きま
した。昔は大繁盛店でしたが、近所にすかいらーく系のしゃぶ葉ができ、
客数が激減しました。しゃぶしゃぶ食べ放題が人気でしたが、しゃぶ葉は
半額程度の価格設定にしたからです。そのため私も2年ぶりの訪問です。
 元気がない証拠は、店舗清掃やメンテが行き届いていないことでしょ
う。入口の床は汚いし、大テーブルの追加の電磁コンロが壊れて席替えを
やむなくされたことです。

 しゃぶ葉の対抗として、メニュー価格を落としたかと思ったら、黒毛和
牛のとイベリコ豚コース食べ放題スタンダードを4990円(税込み5389円)
と品質は上げて、価格はほぼ据え置きでだしていました。(2年前はイベ
リコ豚と国産熟成牛4980円、税込み5378円)

 サービスも低下し、飲み放題を2名で頼もうとしたら、全員注文を要求
されました。しゃぶ葉は全員頼まなくても大丈夫です。価格戦略的にしゃ
ぶ葉とバッティングするのでなく、法事や会合に強い木曽路路線を狙って
いますね。

HP
https://kagonoya.food-kr.com/

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1707035016039993&set=pcb.1707035936039901&type=3&theater

2)びっくりドンキー
 道路反対側のデニーズがお洒落な店になり、メニューもよくなったので
客数が激減しているのが、びっくりドンキーです。以前はステーキなどの
高額メニューを告知していたのが、ハンバーグに回帰です。びっくりドン
キーはフランチャイジーが多く、低価格メニューに取り組みにくいし、改
装などの再投資が遅れていますね。これは、以前超優良のフランチャイ
ジーを持っていた、モスバーガーやミスタードーナツと同じ課題ですね。

HP
https://www.bikkuri-donkey.com/

画像
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1711236842286477&set=pcb.1711236905619804&type=3&theater

              △▼△▼△▼△▼△▼△
● 日本外食ニュースと米国外食ニュース    -------------------
■□

最新の情報は私のfacebookに掲載していますのでご覧ください。
https://www.facebook.com/toshiaki.oh

<日本外食ニュース>

━━━━━━━━━━━━━━━━━
消費者動向調査 エヌピーディー・ジャパン

マーケットトレンドニュース 2018/5/31

http://www.npdjapan.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜4月、花見が3月にずれるも客単価増加で売上確保〜

 こんにちは、エヌピーディー・ジャパン メルマガ担当東(あずま)で
す。食市場のニュースをまとめたメールサービスです。2018年4月の
ニュースをまとめてお届けします。皆様のマーケット情報収集にぜひお役
立てください。

----《目次》-----------------
◆4月の各社・各業態売上情報

◆マクロ経済指標

◆4月の食市場ニュース
_____________________________
◆4月の各社・各業態売上情報◆
_____________________________
http://www.npdjapan.com/solutions/food/chainsales
_____________________________
◆マクロ経済指標◆◆世界の消費者態度指数が加わりました!
_____________________________
http://www.npdjapan.com/solutions/economic_indicators/
____________________________
◆4月の食市場ニュース◆
_____________________________

★今年の4月は、土日祝日数は同数。
 土曜日4日(前年同月比-1日)、日曜日5日(前年同月比0日)、祝日1日
(前年同月比0日)。 昨年は昭和の日が土曜日と重なったが、今年は日
曜日となり30日(月)が振替休日となった。土曜日が休みの人は、休日数
は昨年と同数。GWは5月1日2日を休むと最大9連休で昨年と同じ。

★4月の天候
 気温が高かった。特に、21日と22日は、福岡県など46地点で4月の日最
高気温の記録を更新した。日照時間も多かった。14-15日と24-25日に、全
国的に天気が崩れ大雨となった所もあった。東日本の日本海側では、月降
水量はかなり多かった。

★マクドナルドの4月売上高、29カ月連続増 限定「ビッグマック」「夜
マック」で集客好調

★松屋「牛めし」4/3〜値上げ 各社並盛り300円超に

★吉野家、4/26〜6年ぶり「鶏」メニュー 「鶏すき丼」定番に育成へ

★吉野家・はなまる 共通毎日80円引き「定期券」再登場

販売期間 3月15日(木)10時より

使用期間 4月1日(日)〜5月7日(月)

吉野家特典 丼・定食・皿・カレー1食ごとに80円引き

★KFC、「オリジナルチキン」と「ザ・プレミアム・モルツ」のセットを
期間限定販売4月19日(木)〜9月30日(日)の期間限定

★KFC、第3のチキン発売へ アジアの人気商品「ホット&スパイシーチ
キン」4/19〜

★スターバックス、「デリボックス」\620発売 4/18〜

★居酒屋「串カツ田中」が150店で全席禁煙へ 6月から

★ファミリーマート 「ファミポテ」全面刷新4/17〜
1. ホクホクした食感のカナダ産じゃがいもを使用!
2. 1.5倍増量し、価格はお買い得価格に改訂。
3. シーズニング&ディップソースは合計4種類、パッケージを混ぜ具合が
わかる透明袋に変更

★グーグルAIに話して弁当注文 セブンが実験

★セブン&アイ、イズミと業務提携 PBをイズミに供給、ポイントカー
ドでも連携

★イオン、ビザのキャッシュレス決済導入 20年までに10万台

★4月のコンビニ売上高、既存店、0.7%増、4カ月連続増

 (日本フランチャイズチェーン協会発表)
 既存店客単価は1.4%上昇、37カ月連続で前年を上回った。既存店客数
は0.8%減と26カ月連続でマイナス。全店では、売上+3.0、客数+2.0、客
単価+1.0。GW前半の行楽需要などが旺盛で、冷やし麺などの調理麺や飲
料、アイスクリームのほか、カウンター商材や総菜などが好調。弁当やお
にぎりなど「日配食品」や菓子など「加工食品」が好調。各種チケットな
ど「サービス」や非食品はマイナス。

★4月のスーパー売上高、既存店1.2%減 農産品の価格下落で

 (日本チェーンストア協会発表)
 全店では0.3%減。全体の64%を占める食料品が1.4%減。農産品は相場
が前年同月から1割強下落したことが影響し、売上高は3.3%減。水産品
はアジやサバなどの近海魚が不漁で価格が上昇、店頭に並ぶ量も少なく売
上高は3.0%減少した。酒類も、酒税法の改正前に各社が販売を強化した
昨年の反動もあって振るわなかった。衣料品や住宅関連商品も振るわな
かった。

★4月の食品スーパー売上高、既存店は1.4%減 水産や青果が苦戦

(日本スーパーマーケット協会など)
 全店の売上高0.3%減。水産品や青果が苦戦したほか、構成比率の高い
一般食品や日配などの不調も響いた。畜産はステーキや焼き肉用の牛肉、
生姜焼き用の豚肉、サラダチキンなどが好調で0.4%増。構成比の約27%
を占める一般食品は、スナック類に前年特需(じゃがいも不足の報道によ
りポテトチップスに特需が発生した)の反動が出たことが響き1.2%減。構
成比の約19%を占める日配は冷凍野菜や練り物などが不調で0.6%減だっ
た。総菜も揚げ物類などが伸び悩み0.4%減だった。

★外食市場4月の動向【日本フードサービス協会】

 全体売上は101.8。花見需要のピークが3月に早まったことで集客に影
響。客単価上昇は続く。

◎ファーストフード業態・・・全体売上は102.1%。
「洋風」は、定番商品をアレンジした新商品が牽引し、客数・客単価とも
に上 昇、売上は103.4%。
「和風」は、価格改定等で客単価の上昇が続いており、売上104.1%。
「麺類」は、店舗増と客単価の上昇により売上103.5%。
「持ち帰り米飯・回転寿司」は花見需要のずれで客足に影響したが、価格
が高 めの商品の投入が奏功し客単価が上昇、売上は100.1%。
「その他」は、携帯会社とのコラボキャンペーンの規模を縮小した「アイ
スク リーム」が昨年ほどの集客に至らず、売上91.2%。

◎ファミリーレストラン業態・・・全体売上は101.7%。
「洋風」は、店舗限定メニューや高付加価値メニューが好評で客単価が上
昇し 、売上100.5%
「和風」は、花見需要の前倒しなどが影響し、売上99.3。
「中華」は、引き続きお客様感謝キャンペーンによる集客増で売上は
106.1% 。
「焼き肉」は、メディア露出による集客効果などで売上は好調を維持、
105.7 %。

◎パブ・居酒屋業態・・・花見需要のピークが3月に早まり客数に影響、
売上は96.7%。「パブ・ビアホール」は、新社会人等の若年層のグループ
需要をとらえたところもあり、売上は100.6%。「居酒屋」は、店舗減少
に加えて、低中価格帯の店ではFF・FRの酒販売やコンビニとの競争もあ
り、売上は95.7%。
◎ディナーレストラン業態・・・歓迎会需要や大型商業施設への出店など
が好調で、売上は104.0%。

◎喫茶業態・・・季節のドリンク、高単価のフェアメニュー、大きめのド
リンクなどが奏功し客単価が上昇、売上は103.2%。

みんなの経済新聞
https://minkei.net/

フードスタジアム
http://food-stadium.com/

フードリンク
http://www.foodrink.co.jp/news/

商業界
http://shogyokai.jp/articles/-/122

東洋経済オンライン 外食
http://toyokeizai.net/category/restaurant

フーズチャンネル
https://www.foods-ch.com/gaishoku/

Goo外食ニュース
https://news.goo.ne.jp/topstories/business/559/

サンケイBIZ
https://www.sankeibiz.jp/business/lists/service-n.htm

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/

流通ニュース
https://www.ryutsuu.biz/

M&A 情報
https://ma-times.jp/category/manews/distribution

リテールテック
https://messe.nikkei.co.jp/rt/news/index_2.html

<米国外食ニュース>

QSR マガジン
https://www.qsrmagazine.com/

NRN紙
http://www.nrn.com/

     △▼△▼△▼△▼△▼△